AirMac Express 802.11n (第 1 世代) - 技術仕様

This article has been archived and is no longer updated by Apple.

サイズ/重量

  • 寸法:94.01mm×75.00mm×28.5mm
  • 重量:188g (1)

ワイヤレスプロトコル

  • 802.11nドラフト (2)
  • 802.11b/g

互換性

  • Wi-Fi認定の802.11a、802.11b、802.11g、802.11nドラフト2.0対応Mac、Windows PC、その他Wi-Fi対応製品
  • NAT、DHCP、PPPoE、VPNパススルー(IPSec、PPTP、L2TP)、DNSプロキシ、SNMP、IPv6 ( 6to4, マニュアルトンネル )

セキュリティ

  • Wi-Fi Protected Access™(WPA/WPA2)  (3)
  • 40ビットあるいは128ビット暗号のワイヤレスセキュリティ(WEP)
  • MACアドレスフィルタリング
  • NATファイヤウォール
  • RADIUS認証(RADIUSクライアント機能)のサポート
  • 802.1x、PEAP、LEAP、TTLS、TLS, FAST
  • 時間によるアクセスコントロール

付属ソフトウェア/アクセサリ

  • AirMacユーティリティ(Mac, Windows用)
  • 802.11n Enabler(Mac用)
  • Bonjour for Windows
  • 製品マニュアル(印刷版・電子版)

インターフェイス

  • 802.11nワイヤレス
  • 10/100BASE-T Ethernet WANポート(ADSL、ケーブルモデム接続用)
  • USBポート(USBプリンタ接続用) (5)
  • 3.5mmミニオーディオジャック(アナログ/オプティカルデジタルオーディオ接続用) (4)
  • 内蔵電源

電源条件および動作環境

  • 電源電圧:100〜240V AC、電源周波数:50/60Hz、入力電流:0.2 A
  • 動作時温度:0°〜35° C
  • 保管時温度:-25°〜60° C
  • 相対湿度(動作時):20%〜90%(結露しないこと)
  • 動作時高度:最高3,048m
  • 保管時高度:最高4,572m

周波数帯域

  • 2.4GHzまたは5GHz

ラジオ出力

  • 20dBm(公称)

対応標準規格

  • FCC Part 15 Class B、Canada RSS-210、EN 300-328、EN 301-489、EN 301 893、ARIB STD-T66、RCR STD-T33、AS/NZS 4268: 2003、UL 60950、CSA-C22.2 No. 60950

使用が許可されているチャネル

  • 米国、カナダ:チャネル1〜11、36〜48、149〜165
  • 日本:チャネル1〜14、36〜64
  • オーストラリア、香港、ニュージーランド:チャネル1〜13、36〜64、149〜165

 

システム条件

ワイヤレスクライアントアクセス

AirMacまたはAirMac Extremeカードを装着したMac 802.11a/b/gまたは802.11nドラフト2.0対応ワイヤレスカードを装着したWindows PC

USBプリンタの共有

USBプリンタ、Mac OS X v10.2.7以降をインストールしたMac USBプリンタ、AirMac Expressの付属CDにあるBonjour for WindowsをインストールしたWindows PC(Windows XP SP2またはVista)

ソフトウェア

Mac OS X v10.5.7以降:
  • AirMac Expressベースステーションを利用可能
  • AirMac Expressベースステーションをセットアップ可能
  • 音楽を再生可能(AirTunesを使用)
  • USBプリンタを共有可能
  • Wi-Fi Protected Access(WPA/WPA2)を利用可能
  • Windows XPまたはWindows Vista
  • Wi-Fi Protected Access(WPA)の利用には対応するWi-Fi準拠のシステムが必要

 

拡張サービスとサポート
90日間有効の無料電話サポート、1年間の製品保証。


  1. 重量は構成や製造工程により異なります。
  2. AirMac ExpressベースステーションはIEEE 802.11nドラフト仕様に準拠し、IEEE 802.11a、IEEE 802.11b、IEEE 802.11g仕様に対応しています。
  3. Wi-Fi Protected Access(WPA/WPA2)を利用するには、Mac OS X v10.3以降が必要です。WPAを使用すると、最大接続ユーザ数が減少します。既存ワイヤレスネットワークに参加する場合、AirMac ExpressはWPAパーソナルのみサポートします。WPA2を利用するには、AirMac ExtremeカードおよびMac OS X v10.3以降を搭載したMacが必要です。
  4. 互換性のあるオーディオシステムあるいはアンプ内蔵スピーカーが必要です。
  5. USB接続を利用したワイヤレス印刷には対応プリンタと、Mac OS X v10.2.7以降、またはWindows XP、Windows Vistaのいずれかが必要です。
Published Date: 2016/04/06