iBook (Dual USB) - 技術仕様

This article has been archived and is no longer updated by Apple.

プロセッサおよびメモリ

  • 500 MHz PowerPC G3 プロセッサ
  • 256 KB のオンチップ二次キャッシュ
  • 66 MHz システムバス、66 MHz メモリバス
  • 64 MB の PC100 SDRAM(最大 576 MB まで拡張可能)または 128 MB の PC100 SDRAM(最大 640 MB まで拡張可能)標準搭載。
    512 MB までの SO-DIMM に対応する 1.25 インチ SO-DIMM スロット 1 基を装備


キーボード

  • 12 種類のファンクションキー、逆 T 字型矢印キー、テンキーモードを装備した JIS 配列準拠フルサイズキーボード


Apple トラックパッド

  • 正確なカーソルコントロールを提供するソリッドステート方式トラックパッド(タップ、ダブルタップ、ドラッグ機能をサポート)


ディスプレイ

  • 内蔵 12.1 インチ(対角)TFT アクティブマトリクス方式 XGA カラー液晶ディスプレイ
  • 標準解像度 1024 × 768 ピクセル(最大約 1,670 万色)
  • 拡大解像度 800 × 600 ピクセル、640 × 480 ピクセル(最大約 1,670 万色)


ドライブ

  • 約 10 GB Ultra ATA ハードディスク (2)
  • 以下のいずれかの光学式ドライブ:
      - 24 倍速(最大)CD-ROM ドライブ(CD-ROM ディスクの 24 倍速読み出し)
      - 8 倍速(最大)DVD-ROM ドライブ(DVD タイトルの再生用、CD-ROM は最大 24 倍速で再生)
      - 8 倍 / 4 倍 / 24 倍速(最大)CD-RW ドライブ(CD-R 記録時は 8 倍速、CD-RW 記録時は 4 倍速、CD 再生時は 24 倍速)
  • 外付け FireWire および USB 記憶装置をサポート


ビデオ

  • コンピュータモニタ接続用 RGB ビデオ出力ポート
  • テレビ接続用コンポジットビデオ出力(AV ポート経由、別売りの Apple AV ケーブルが必要)


バッテリーおよびパワー

  • 1 回の充電で最高5時間の連続稼働が可能なリチウムイオンバッテリー (42Wh)(3)
  • 電源アダプタポート


通信機能

  • 56K V.90 モデム内蔵(RJ-11 コネクタ)(5)
  • 10/100BASE-T Ethernet(RJ-45 コネクタ)
  • 11 Mbps AirMac カード対応(IEEE 802.11 DSSS 準拠、オプション)(4)
  • AirMac ベースステーション(56K モデムおよび 10BASE-T Ethernet ポート装備、オプション)(4)


拡張性

  • 最大 12 Mbps USB ポート× 2 基
  • 400 Mbps FireWire ポート (IEEE 1394) × 1 基 (6)


オーディオ

  • 16 ビット CD クオリティのステレオ出力ミニジャック(AV ポートがステレオミニジャックにも対応)
  • 内蔵スピーカー× 2(ステレオ)
  • 無指向性マイクロフォン内蔵
  • 外部 USB オーディオ装置(マイクロフォン、スピーカー等)をサポート


グラフィックサポート

  • 8 MB の SDRAM グラフィックメモリ搭載の ATI RAGE Mobility 128 グラフィックアクセラレータ(AGP 2X 対応)


電力条件

  • 電源電圧:100 〜 240 V AC
  • 電源周波数:50 Hz / 60 Hz


動作環境

  • 動作時温度:10 ℃ 〜 35 ℃
  • 保管時温度:-25 ℃ 〜 60 ℃
  • 相対湿度:20 % 〜 80 %(結露しないこと)
  • 最高動作高度:3,048 m
  • 最高保管高度:4,572 m


サイズ/重量

  • 幅:28.5 cm
  • 奥行き:23.0 cm
  • 厚さ:3.4 cm
  • 重量:2.2 kg (1)


注記: (1) 重量は仕様により異なります。
(2) ハードディスク容量を示す単位は 1 GB = 10 億バイトですが、実際にフォーマットされた容量はそれ以下となります。
(3) バッテリー駆動時間は、仕様や使用方法により異なります。

(4) ワイヤレスインターネット接続には、AirMac カード、AirMac ベースステーション、インターネット接続アカウントが必要です(使用料が課せられることもあります)。ドコモ AOL など、インターネットサービスプロバイダによっては AirMac に対応しない場合もあります。接続状況は使用環境により異なります。詳しい情報については、記事 (106590):AirMac: ワイヤレスインターネット接続のための必要条件をご覧ください。

(5) モデムの実際の転送速度は、接続スピードその他の条件により異なります。
(6) 実際の転送速度は、接続する装置により異なります。

Published Date: 2016/04/06