Mac OS X 10.6 Server Admin: ディスクまたはパーティションを消去する

ディスクまたはパーティションを消去する

ディスクを消去する方法には、使用するツールやコンピュータ環境に応じていくつかのオプションがあります。

  • 「ディスクユーティリティ」を使ってディスクを消去する:インストーラを使って「ディスクユーティリティ」を開いてから、インストール先のボリュームまたは別のボリュームを消去します。インストール先ボリュームおよびその他すべてのボリュームを、Mac OS 拡張フォーマットまたは Mac OS 拡張(ジャーナリング)フォーマットで消去できます。その他のボリュームは、これらのフォーマットのほかに、Mac OS 拡張(大文字/小文字を区別)フォーマットや Mac OS 拡張(ジャーナリング、大文字/小文字を区別)フォーマットでも消去できます。

    ハードディスクを複数のボリュームに分割したり、RAID セットを作成したり、インストール先のディスクまたはパーティションを消去する手順については、「ディスクユーティリティヘルプ」を参照してください。「ディスクユーティリティヘルプ」を表示するには、Mac OS X v10.6 の動作する別の Mac コンピュータで「ディスクユーティリティ」を開き、「ヘルプ」>「ディスクユーティリティヘルプ」と選択します。

  • コマンドラインを使ってディスクを消去する:コマンドラインで diskutil ツールを使って、ディスクを消去できます。diskutil を使ってディスクを消去すると、すべてのボリュームパーティションが削除されます。ディスク全体を消去するコマンドは次の通りです:

    diskutil eraseDisk format name [OS9Drivers | APMFormat | MBRFormat | GPTFormat] device

    たとえば、次のように入力します:

    diskutil eraseDisk JournaledHFS+ MacProHD GPTFormat disk0

    データを安全に削除するために、ランダムデータを使って何度か上書きすることもできます。詳しくは、diskutil のマニュアルページ(man で表示)を参照してください。

    ディスク上の特定のボリュームを消去するときは、使用するコマンドが少し異なります:

    diskutil eraseVolume format name device

    たとえば、次のように入力します:

    diskutil eraseVolume JournaledHFS+ UntitledPartition /Volumes/OriginalPartition

    diskutil のコマンド構文について詳しくは、ツールのマニュアルページ(man で表示)を参照してください。

Published Date: 2012/06/28
Helpful?