Aperture 3.x: フルスクリーン表示の概要

フルスクリーン表示の概要

フルスクリーン表示では、ディスプレイのすべてのインチを使用して黒い背景の上に写真を投影して詳細に表示します。デュアルディスプレイシステムをフルスクリーン表示で使用すると、イメージを比較および調整するための領域を拡大できます。

フルスクリーン表示でも、写真を表示したり、比較したり、スタックすることができます。調整やキーワードを適用することもできます。写真の操作が終了したら、この表示の状態で写真のプレビューや確認を行うことができます。

フルスクリーン表示では、「Aperture」の HUD を使用できます。「インスペクタ HUD」または「キーワード HUD」は、対応するキーボードショートカットを押せば開くことができます。実際に使用してみると、フルスクリーン表示で使用するほとんどの機能は、キーボードショートカットを使用すると便利なことが分かるはずです。使用できるキーボードショートカットについて詳しくは、「ヘルプ」メニューで利用できる「Aperture 3 キーボードショートカット」PDF を参照してください。

フルスクリーン表示には次の 3 つのモードがあり、V キーを押すことでアクセスできます。

  • ビューアモード」は、「Aperture」のメインウインドウの分割表示レイアウトに似ています。フィルムストリップを使って、写真間の移動、整理、およびレート設定を行います。フィルムストリップで選択された写真は、高解像度でフィルムストリップの上に画面いっぱいに表示されます。

    図。 ツールバー、フィルムストリップ、および選択したイメージのフルスクリーン表示が表示されているフルスクリーン表示。

    フィルムストリップは、画面の左、右、または下のうち、作業に適した位置に配置できます。フィルムストリップは、いつでも隠したり表示したりできます。

    写真を変更するときは、ツールバーのボタンとツールを使います。ツールバーには、バージョンを作成したりスタックを操作したりするためのボタンと、イメージを調整するためのすべてのツールが配置されています。

    ビューアモードについて詳しくは、フルスクリーン表示のビューアモードで作業するを参照してください。

  • ブラウザモード」は、「Aperture」のメインウインドウでグリッド表示するようにブラウザを設定したときに表示される作業レイアウトに似ています。検索フィールドや「フィルタ HUD」を使用して、表示する写真を絞り込んだり、ライブラリ・パス・ナビゲータのポップアップメニューを使用して、「ライブラリ」インスペクタ内のすべての項目にアクセスしたりできます。

    図。 フルスクリーン表示のブラウザモードのコントロール。

    ブラウザモードについて詳しくは、フルスクリーン表示のブラウザモードで作業するを参照してください。

  • プロジェクトモード」は、「Aperture」のメインウインドウのプロジェクト表示に似ています。各プロジェクトは、サムネールイメージとして表示されます。プロジェクトは写真が作成された年別、または「ライブラリ」インスペクタに存在するフォルダ別にグループ分けできます。

    図。 フルスクリーン表示のプロジェクトモードのコントロール。

    プロジェクトモードについて詳しくは、フルスクリーン表示のプロジェクトモードで作業するを参照してください。

公開日: 2012/10/01
役に立ちましたか?