Aperture 3.x: ビューアでオーディオやビデオを操作する

ビューアでオーディオやビデオを操作する

「Aperture」にオーディオファイルやビデオファイルを読み込んだ場合は、ビューアを使ってそれらのファイルをレビューしたり編集したりできます。ビューアでビデオとオーディオのコントロールを使って、ビデオクリップとオーディオクリップの長さを編集できます。ビデオクリップのポスターフレーム(ブラウザ内のビデオのサムネールでクリップを視覚的に表現するフレーム)を設定したり、ビデオクリップ内の任意のフレームから JPEG イメージを作成したりすることもできます。

Note:   オーディオ注釈を記録できるカメラを持っている場合や、手動でオーディオファイルを写真に添付した場合は、「情報」インスペクタを使ってオーディオ添付ファイルを聴いたり、編集したりします。オーディオ添付ファイルの視聴について詳しくは、「情報」インスペクタおよび「インスペクタ HUD」でメタデータを表示する/変更するを参照してください。

「Aperture」に読み込まれたオーディオクリップやビデオクリップを視聴するには

  1. 「ライブラリ」インスペクタで、オーディオクリップやビデオクリップが含まれている項目を選択します。

    オーディオクリップおよびビデオクリップがブラウザにサムネールで表示されます。

  2. ブラウザで、オーディオクリップまたはビデオクリップのいずれかを選択します。

    図。 ブラウザのビデオクリップのサムネールに表示されたビデオクリップのバッジ。
  3. ビューアで、以下のいずれかの操作を行います:

    • オーディオクリップを選択した場合:オーディオのコントロールが、オーディオクリップのファイル名と一緒にビューアに表示されます。「再生」ボタンをクリックしてオーディオクリップを聴き、再生ヘッドを使って前後に移動します。

      図。 ビューアのオーディオクリップのコントロール。
    • ビデオクリップを選択した場合:ビデオクリップがビューアに表示されます。ポインタをビューア上に移動すると、ビデオのコントロールが表示されます。「再生」ボタンをクリックしてビデオクリップを観て、再生ヘッドを使って前後に移動します。

      図。 ビューアのビデオクリップのコントロール。

オーディオクリップの長さを編集するには

オーディオクリップの長さを調整するときは、「トリム」ボタンをクリックして、オーディオを開始および終了したい位置に開始点と終了点をドラッグしてから、「トリム」ボタンをもう一度クリックして編集を適用します。

図。 ビューアのオーディオクリップのコントロール。
  1. ブラウザでオーディオクリップを選択します。

    オーディオのコントロールがビューアに表示され、一番上に選択したオーディオクリップのファイル名が表示されます。

  2. ビューアで、「トリム」ボタンをクリックします。

    「トリム」コントロールが表示されます。

  3. 「再生」ボタンをクリックしてオーディオクリップを聴き、オーディオのどの部分を残したいかを決定します。

  4. 使用する予定のオーディオの先頭に開始点をドラッグし、オーディオを終了したい位置に終了点をドラッグします。

    図。 ビューアのオーディオクリップの開始点と終了点。

    「トリム」ボタンが黄色に変わり、オーディオクリップの長さが変更されたことが示されます。

  5. オーディオクリップの長さに問題がなければ、「トリム」ボタンをクリックします。

オーディオクリップがトリミングされます。

Tip:   オーディオクリップの複数の部分を使用したい場合は、使用するクリップの追加する部分ごとに「写真」>「オリジナルから新規バージョン」と選択して(または Option+G キーを押して)、上記の手順を繰り返します。

ビデオクリップの長さを編集するには

ビデオクリップの長さを調整するときは、ビデオコントロールの「アクション」ポップアップメニューから「トリム」を選択して、ビデオクリップを開始および終了したい位置に開始点と終了点をドラッグしてから、「トリム」ボタンをクリックして編集を適用します。

図。 ビューアのビデオクリップのコントロール。
  1. ブラウザでビデオクリップを選択します。

    ビデオがビューアに表示されます。

  2. ポインタをビューア内のビデオの下部に移動します。

    ビデオのコントロールが表示されます。

  3. ビデオのコントロールの「アクション」ポップアップメニューから「トリム」を選択します。

    「トリム」コントロールが表示されます。

  4. 「再生」ボタンをクリックしてビデオクリップを観て、保存したいビデオの部分を決定します。

    Note:   「トリム」コントロールからポインタを離すとコントロールは消えます。ポインタをビューアの下部に動かすと再度表示されます。
  5. 使用する予定のビデオの先頭に開始点をドラッグし、ビデオを終了したい位置に終了点をドラッグします。

    図。 ビューアのビデオクリップの開始点と終了点。

    「トリム」ボタンが黄色に変わり、ビデオクリップの長さが変更されたことが示されます。

  6. ビデオクリップの長さに問題がなければ、「トリム」ボタンをクリックします。

ビデオクリップがトリミングされます。

Tip:   ビデオクリップの複数の部分を使用したい場合は、使用するクリップの追加する部分ごとに「写真」>「オリジナルから新規バージョン」と選択して(または Option+G キーを押して)、上記の手順を繰り返します。

ブラウザでビデオクリップのサムネールにポスターフレームを設定するには

  1. ブラウザでビデオクリップを選択します。

  2. ビューアでポインタをビデオの下部に移動してビデオのコントロールを表示してから、ポスターフレームとして設定したいビデオのフレームに再生ヘッドをドラッグします。

  3. ビデオコントロールの「アクション」ポップアップメニューから「ポスターフレームとして設定」を選択します。

再生ヘッドの位置にあるビデオフレームがビデオクリップのポスターフレームとして設定され、ブラウザでビデオクリップのサムネールイメージがアップデートされます。

ビデオフレームからから JPEG イメージを作成するには

  1. ブラウザでビデオクリップを選択します。

  2. ビューアでポインタをビデオの下部に移動してビデオのコントロールを表示してから、JPEG イメージを作成する元となるビデオフレームに再生ヘッドをドラッグします。

  3. ビデオコントロールの「アクション」ポップアップメニューから「フレームから新規 JPEG」を選択します。

ビデオフレームの JPEG イメージが作成され、ブラウザでサムネールイメージがビデオクリップと一緒にスタック内に表示されます。スタックの操作について詳しくは、写真のスタックの概要を参照してください。

公開日: 2012/10/01
役に立ちましたか?