Aperture 3.x: ビューアの概要

ビューアの概要

ビューアには、ブラウザで選択した写真の詳細表示が表示されます。1 つの写真を詳細に表示したり、一度に複数の写真を表示したりできます。

ビューアを使って、調整を行ったり、類似した写真を細かく比較したり、写真を高解像度で検証したりします。デュアルディスプレイシステムを使用している場合は、両方の画面に写真を表示するようにビューアを設定して、驚くほど精細に写真を表示できます。ビューアを使うと、オーディオ添付ファイルやビデオクリップをプレビューしたり編集したりすることもできます。

ブラウザで写真を選択すると、その写真の詳細表示がすぐにビューアに表示されます。一度に 1 つの写真だけを表示する方法、一度に 3 つの写真を表示する方法、および選択した複数の写真を表示する方法を利用できます。

図。 ブラウザで選択したサムネールイメージと、ビューアでのイメージの詳細表示。

写真にレートや調整を適用したときに、一度に 2 つの写真を比較できるようにビューアを設定できます。比較元の写真を選択してから、その隣に類似しているまたは関連するほかの写真を表示して検証します。一連の写真の中から写真を選択したり、調整を適用したイメージバージョンを比較してどのバージョンが最も良いかを確認するときには、「Aperture」の比較機能を利用できます。

図。 2 つのイメージを比較するように設定されたビューア。

ディスプレイとビューアのサイズによっては、写真がビューアに合わせて小さく表示されることがあります。写真を高解像度で表示する、つまり元のピクセルのままで表示するように、「Aperture」の表示を設定できます。この場合、写真がディスプレイの画面よりも大きくなることがあります。写真を高解像度で表示すると、写真を記録された通りに表示し、調整や変更の正確な効果を確認することができます。さらに、ビューアを少しずつ拡大および縮小すると、シャープネスなどの写真の詳細を確認できます。

図。 ビューアに高解像度のイメージの一部が表示されている「Aperture」のメインウインドウ。

Aperture システムで 2 台のディスプレイを使用すると、より高度な方法で写真を表示できます。「Aperture」では、両方のディスプレイに写真を表示でき、一方のディスプレイを拡大表示専用にすることができます。システムで複数のディスプレイを使用するときは、メインビューアセカンダリビューアと呼ばれる 2 つのビューアを利用できます。単一のビューアを使用するときと同様に、セカンダリビューアも一度に 1 枚、3 枚、または複数の写真を表示するように設定できます。

各写真と一緒に表示する情報を選択するためのメタデータオプションを設定することもできます。たとえば、キーワードおよび IPTC メタデータや EXIF メタデータなどの情報を、写真と一緒に表示することができます。

公開日: 2012/10/01
役に立ちましたか?