Aperture 3.x: 特定のメタデータを写真と一緒に表示する

特定のメタデータを写真と一緒に表示する

作業時に写真を識別しやすくするために、写真に関連付けられているメタデータが表示されるように「Aperture」を設定することができます。これを行うには、「ブラウザとビューアのメタデータ」ダイアログでメタデータの設定を指定します。たとえば、グリッド表示の写真と一緒に、キーワード、IPTC 情報、または EXIF 情報が表示されるように設定できます。また、写真と一緒に表示する情報表示を 2 つ用意し、2 つの表示をすばやく切り替えることもできます。たとえば、最初の表示には写真の編集時に使用するレートを表示し、別の表示には書き出すファイルを管理するときの IPTC や EXIF の情報を表示できます。そのときの作業に応じて 2 つの表示を切り替えることで、写真と一緒に表示される情報を変更できます。

写真と一緒に表示する情報をブラウザでどのように表示するかをカスタマイズするときは、「ブラウザとビューアのメタデータ」ダイアログを使用します。

図。 「ブラウザとビューアのメタデータ」ダイアログのコントロール。

メタデータオーバーレイなしでサムネールイメージをブラウザに表示するときに、写真のメタデータをすばやく表示したい場合は、メタデータツールヒントを入にできます。メタデータツールヒントが入になっていると、ポインタを写真の上に移動してその写真の情報を表示することができます。

図。 ブラウザで選択したイメージに応じて表示されたイメージツールチップ。

ブラウザのオーバーレイに表示するメタデータの種類を変更する方法について詳しくは、ビューアとブラウザに表示するメタデータの種類を指定するを参照してください。

ブラウザのメタデータの表示/非表示を切り替えるには

以下のいずれかの操作を行います:

「表示」>「メタデータ表示」と選択して、サブメニューの「ブラウザ」セクションから「メタデータを表示」を選択します(または U キーを押します)。

ツールストリップにある「ブラウザとビューアのメタデータオーバーレイ」ポップアップメニューの「ブラウザ」セクションから「メタデータを表示」を選択します。

ブラウザのメタデータ情報の表示を切り替えるには

以下のいずれかの操作を行います:

「表示」>「メタデータ表示」と選択して、サブメニューの「ブラウザ」セクションから「<表示名>に切り替え」を選択します(または Shift+U キーを押します)。

ツールストリップで、「ブラウザとビューアのメタデータオーバーレイ」ポップアップメニューの「ブラウザ」セクションから「<表示名>に切り替え」を選択します。

メタデータオーバーレイなしでサムネールイメージをブラウザに表示するときに、写真のメタデータをすばやく表示したい場合は、メタデータツールヒントを使用できます。「メタデータツールヒント HUD」に、ポインタの下にある写真のメタデータが表示されます。ポインタを別の写真の上に移動すると、「メタデータツールヒント HUD」内のメタデータがアップデートされ、その写真の情報が表示されます。

メタデータツールヒントを入にするには

「表示」>「メタデータ表示」>「イメージツールチップ」と選択します(または Control+T キーを押します)。

Control+T キーをもう一度押すと、メタデータツールヒントが切になります。

写真と一緒にメタデータを表示する方法について詳しくは、メタデータの操作の概要を参照してください。

公開日: 2012/10/01
役に立ちましたか?