Aperture 3.x: 参照イメージを識別する

参照イメージを識別する

参照イメージを読み込んだ後で、参照イメージのバッジオーバーレイを入にして、その参照イメージをブラウザで識別することができます。参照イメージと一緒に、そのオリジナルが現在利用可能(オンライン)か見つからない(オフライン)かを示すバッジが表示されます。

図。 オンラインおよびオフラインの参照イメージのバッジオーバーレイが表示されているブラウザ内のイメージ。

参照イメージのバッジオーバーレイを入にするには

  1. 「Aperture」>「環境設定」と選択するか、Command+カンマ(,)キーを押します。

  2. 「環境設定」ウインドウで、「アピアランス」をクリックし、「参照項目をバッジ」チェックボックスを選択します。

オリジナルが Aperture ライブラリにある写真で使うのと同じ手順を使って、オンラインの参照イメージを選択および操作できます。

Finder でファイルを移動または名前変更しても同じハードディスクまたはボリューム上にある場合は、「Aperture」では参照イメージのオリジナルを監視します。参照イメージのオリジナルが保存されているハードディスクとコンピュータシステムとの接続が解除された場合、参照イメージはオフラインイメージとして表示されます。参照イメージのオリジナルを削除したり、Finder のゴミ箱に移動したり、オリジナルのハードディスク上の場所から別のハードディスクに移動したりすると、参照イメージに「見つかりません」と表示され、「Aperture」で見つけることはできません。

公開日: 2012/10/01
役に立ちましたか?