Aperture 3.x: ブラウザから写真を削除する

ブラウザから写真を削除する

必要に応じて、バージョンやオリジナルを削除することができます。

写真を削除するときに、以下の操作ができます:

  • アルバムから写真のバージョンを削除し、ライブラリ内の元の場所にあるほかのバージョンを残す

  • スタックからバージョンを削除する

  • オリジナルを削除する

アルバムからバージョンを削除するには

バージョンを選択し、「写真」>「アルバムから削除」と選択します(Delete キーを押します)。

バージョンスタック(オリジナルが同じバージョンのスタック)から特定のバージョンを削除するには

  1. スタックを開き、削除したいバージョンを選択します。

  2. 「ファイル」>「バージョンを削除」と選択します(または、Command+Delete キーを押します)。

削除したバージョンは「Aperture」のゴミ箱に入ります。詳しくは、「Aperture」のゴミ箱を操作するを参照してください。

オリジナルを削除するには

ブラウザに表示されている写真のバージョンが 1 つしかない場合は、そのバージョンを選択して削除できますが、対応するオリジナルも削除されます。

  1. バージョンを選択します。

  2. 「ファイル」>「バージョンを削除」と選択します(または、Command+Delete キーを押します)。

オリジナルとそのバージョンは、「Aperture」のゴミ箱に入ります。詳しくは、「Aperture」のゴミ箱を操作するを参照してください。

バージョンスタックとそのオリジナルを削除するには

同じイメージのバージョンが含まれるスタックを選択し、スタック内のすべてのイメージバージョンと一緒にオリジナルを削除することができます。

  1. 削除したいスタックを選択します。

  2. 「ファイル」>「オリジナルイメージとすべてのバージョンを削除」と選択します。

オリジナルとそのすべてのバージョンは、「Aperture」のゴミ箱に入ります。詳しくは、「Aperture」のゴミ箱を操作するを参照してください。

削除した写真を復旧するには

残しておくつもりの写真を誤って削除してしまい、「取り消し」を選択しても復旧できない場合でも、「Aperture」のゴミ箱から復旧できる可能性があります。

  1. 「ライブラリ」インスペクタで、「ゴミ箱」を選択します。

    現在「Aperture」のゴミ箱にあるすべての写真が、ブラウザに表示されます。

  2. 以下のいずれかの操作を行います:

    • 誤って削除した写真を元のプロジェクトにドラッグして戻します。

    • Control キーを押したまま、誤って削除した写真をクリックして、サブメニューから「元に戻す」を選択します。

すでに「Aperture」のゴミ箱を空にした場合でも、Finder のゴミ箱から写真を復旧できる可能性があります。すでに Finder のゴミ箱を空にした場合でも、写真を削除する前にライブラリのバックアップを作成した場合は、削除した写真が含まれるプロジェクトをボールトから復元できる可能性があります。「Aperture」のゴミ箱を空にした後でボールトをアップデートした場合、削除した写真はボールトに残っていません。

公開日: 2012/10/01
役に立ちましたか?