Aperture 3.x: 簡易ルーペを使用する

簡易ルーペを使用する

写真の一部を詳細に確認するときに、簡易ルーペを使用することもできます。写真上の確認したい部分に簡易ルーペの小さい輪を置くと、大きい輪の中でその部分が拡大されて表示されます。写真の詳細に応じて、簡易ルーペのサイズを変更したり、拡大率を増減したりできます。ほこり、傷、指紋、その他の問題をすぐに確認したいときには、この機能が便利です。簡易ルーペは、Aperture ライブラリに含まれるすべての写真またはサムネールで使用できます。

図。 ビューアのイメージ上に置かれた簡易ルーペ が表示されている「Aperture」のメインウインドウ。イメージの一部が拡大表示されています。

簡易ルーペを表示するには

  1. 以下のいずれかの操作を行います:

    • 「表示」>「ルーペを表示」と選択するか、アットマーク(@)キーを押します。

    • ツールバーの「ルーペ」ボタンをクリックします。

  2. 「表示」>「ルーペオプション」>「センタールーペを使用」と選択して、通常のルーペの表示を切にします。

    「センタールーペを使用」メニュー項目の横にあるチェックマークが消えます。

簡易ルーペのサイズを小さくするには

「表示」>「ルーペオプション」>「直径を小さく」と選択するか、Shift+Option+ハイフン(-)キーを押します。

簡易ルーペのサイズを大きくするには

「表示」>「ルーペオプション」>「直径を大きく」と選択するか、Shift+Option+キャレット(^)キーを押します。

簡易ルーペの拡大率を大きくするには

Command+Shift+キャレット(^)キーを押します。

これらのキーを繰り返し押すと、拡大率が上がり続けます。

簡易ルーペの拡大率を小さくするには

Command+Shift+ハイフン(-)キーを押します。

これらのキーを繰り返し押すと、拡大率が下がり続けます。

公開日: 2012/10/01
役に立ちましたか?