Aperture 3.x: ピクセルグリッドとカラー値を表示する

ピクセルグリッドとカラー値を表示する

ルーペを使って、写真の実際のピクセル構成を示すグリッドを表示できます。これにより、高い拡大率(400 パーセント以上)で個々のピクセル値を確認することができます。また、写真のカラー測定値を表示するようにルーペを設定することもできます。表示するカラー測定値として、RGB(%)、RGB(8 ビット)、Lab、CMYK、HSB、または HSL 値を選択できます。

図。 ピクセルグリッドとカラー値を表示するように設定されたセンタールーペ。

ピクセルグリッドを表示するようにルーペを設定するには

  1. ルーペの拡大率を 400 パーセント以上に設定します。

    ルーペの拡大率の設定について詳しくは、ルーペのサイズと拡大率を変更するを参照してください。

  2. 以下のいずれかの操作を行います:

    • 「表示」>「ルーペオプション」>「ルーペにピクセルグリッドを表示」と選択します。

    • 「ルーペ」ポップアップメニューから「ピクセルグリッド」を選択します。

この機能を切にするには、もう一度同じメニュー項目を選択します。

ルーペでカラー値の表示を入にするには

以下のいずれかの操作を行います:

「表示」>「ルーペオプション」>「ルーペにカラー値を表示」と選択するか、Shift+Option+アットマーク(@)キーを押します。

「ルーペ」ポップアップメニューから「カラー値」を選択します。

この機能を切にするには、もう一度同じメニュー項目を選択します。

カラー値オプションを変更するには

「調整」インスペクタまたは「インスペクタ HUD」の「調整」パネルで、調整アクションのポップアップメニュー(歯車のアイコンが付いたメニュー)からカラー値オプションを選択します。

カラー値について詳しくは、カラーメーターを使用してカメラ情報を表示するを参照してください。

公開日: 2012/10/01
役に立ちましたか?