Aperture 3.x: ルーペのサイズと拡大率を変更する

ルーペのサイズと拡大率を変更する

ルーペのサイズを変更したり、拡大率を増減したりできます。

ルーペのサイズを大きくするには

以下のいずれかの操作を行います:

「表示」>「ルーペオプション」>「直径を大きく」と選択するか、Shift+Option+キャレット(^)キーを押します。

ルーペのハンドルのグリップを引き伸ばします。

ルーペのサイズを小さくするには

以下のいずれかの操作を行います:

「表示」>「ルーペオプション」>「直径を小さく」と選択するか、Shift+Option+ハイフン(-)キーを押します。

ルーペのハンドルのグリップを押し込みます。

定義した分だけルーペの拡大率を変更するには

「ルーペ」ポップアップメニューから拡大率を選択します。

図。 拡大率のオプションが表示されている「ルーペ」ポップアップメニュー。

ルーペの拡大率を少しずつ変更するには

ルーペの拡大率を上げるには:「表示」>「ルーペオプション」>「倍率を上げる」と選択するか、Command+Shift+キャレット(^)キーを押します。

これらのキーを繰り返し押すと、拡大率が上がり続けます。

ルーペの拡大率を下げるには:「表示」>「ルーペオプション」>「倍率を下げる」と選択するか、Command+Shift+ハイフン(-)キーを押します。

これらのキーを繰り返し押すと、拡大率が下がり続けます。

拡大率を連続的に変更するには:スクロールジェスチャを使います。

公開日: 2012/10/01
役に立ちましたか?