Aperture 3.x: グリッド表示で写真を操作する

グリッド表示で写真を操作する

グリッド表示では、「ライブラリ」インスペクタで選択した写真が格子状のサムネールとしてブラウザに表示されます。グリッド表示は、大きなサムネール写真をすばやく確認したいときに使用できます。ブラウザを単独で表示するように「Aperture」のメインウインドウを設定すると、サムネールの表示に使用する領域が最大になります。イメージを選択して操作しやすいサイズにサムネールのサイズを調整できます。「ライブラリ」インスペクタで多数の写真を選択した場合は、シャトルコントロールまたはスクロールバーを使って写真を次々にスクロールすることもできます。

ブラウザを単独で表示するように「Aperture」のメインウインドウを設定する方法について詳しくは、ワークスペース表示を選択するを参照してください。

図。 グリッド表示のブラウザ。

グリッド表示に切り替えるには

以下のいずれかの操作を行います:

「表示」>「ブラウザ」>「グリッド」と選択します(または Control+G キーを押します)。

ブラウザの「グリッド表示」ボタンをクリックします。

図。 ブラウザの「グリッド表示」ボタン。

サムネールのサイズを調整するには

サムネールのサイズ変更スライダをドラッグして、サムネールのサイズを調整します。

グリッド表示の写真上を連続的に移動するには

左方向に移動するときは J キーを、移動を停止するときは K キーを、右方向に移動するときは L キーを押します。

Note:   J キーまたは L キーを何回か押すと、移動速度が増加します。

ブラウザの背景の明るさを調整するには

作業環境に応じて、ブラウザに表示されるサムネールの背景の明るさを調整することができます。背景が暗いほど、写真の色との干渉が少なくなります。写真の色を調整するときは、背景を暗い色に設定することをお勧めします。背景の明るさや暗さは、グレイスケールで調整します。最大限暗くすると黒になります。最大限明るくすると白になります。

  1. 「Aperture」>「環境設定」と選択するか、Command+カンマ(,)キーを押します。

  2. 「環境設定」ウインドウで、「アピアランス」をクリックし、「ブラウザの背景の明るさ」スライダをドラッグして背景の明るさを調整してから、ウインドウを閉じます。

公開日: 2012/10/01
役に立ちましたか?