Aperture 3.x: フィルムストリップ表示で写真を操作する

フィルムストリップ表示で写真を操作する

フィルムストリップ表示は、ブラウザのデフォルトの表示です。フィルムストリップ表示をビューアと組み合わせて使用し、写真を次々にスクロールして、写真を変更したり比較したりすることができます。たとえば、1 列になっている写真の中からいくつかを選択して、スタック内のグループにまとめ、レートを適用して、ビューアで並べて比較することができます。右矢印キーと左矢印キーを使って写真間を移動したり、スクロールバーとシャトルコントロールを使って写真を次々にスクロールしたりできます。フィルムストリップの上部をドラッグして領域を拡げることで、フィルムストリップ内のサムネールのサイズを変更できます。

図。 フィルムストリップ表示のブラウザと、選択したイメージが表示されているビューア。

フィルムストリップ表示に切り替えるには

以下のいずれかの操作を行います:

「表示」>「ブラウザ」>「フィルムストリップ」と選択します(または Control+F キーを押します)。

ブラウザの「フィルムストリップ表示」ボタンをクリックします。

図。 ブラウザの「フィルムストリップ表示」ボタン。
Note:   ブラウザのフィルムストリップにアクセスするためには、メインウインドウを「分割表示」レイアウトに設定する必要があります。メインウインドウがブラウザに設定されていると、「フィルムストリップ表示」ボタンが表示されません。

フィルムストリップ表示の写真上を連続的に移動するには

左方向に移動するときは J キーを、移動を停止するときは K キーを、右方向に移動するときは L キーを押します。

Note:   J キーまたは L キーを何回か押すと、移動速度が増加します。
公開日: 2012/10/01
役に立ちましたか?