Aperture 3.x: ブラウザの概要

ブラウザの概要

写真を撮影した後に、プロジェクトにある大量の写真を並べ替えなければならないことがあります。「Aperture」には、大量の写真を操作するときの生産性を効率的に向上させる方法が用意されています。

ブラウザは、写真を表示、選択、および操作するときに最もよく使用する環境です。プロジェクト内の写真に対して、検索する、並べ替える、ソートする、縦方向または横方向に回転する、新しいバージョンを作成する、削除する、といった操作をすばやく行うことができます。

「ライブラリ」インスペクタでプロジェクト、フォルダ、またはアルバムを選択すると、その写真のサムネールがブラウザに表示されます。ブラウザで写真を選択すると、その写真を操作できます。たとえば、写真を移動して並べ替えたり、回転したり、新しいバージョンを作成したり、プロジェクトから写真を削除したりできます。

図。 グリッド表示のブラウザのコントロール。

「Aperture」には、写真をすばやく効率的に選択する方法がいくつか用意されています。矢印キーを使って、作業対象の 1 つまたは複数の写真をすばやく選択できます。また、クリックしたり、矩形を描くようにドラッグしたり、キーボードショートカットを使用する方法で、写真を選択することもできます。トラックパッドで「Aperture」を使用している場合は、スワイプのジェスチャを使用して写真を選択できます。「Aperture」でジェスチャを使用する方法について詳しくは、「Aperture」でジェスチャを使用するを参照してください。

ブラウザ内の写真をフィルムストリップ表示、グリッド表示、およびリスト表示の形式で表示することができます。

フィルムストリップ表示を選択すると、ブラウザは選択および移動可能な 1 列の写真に変わり、選択した写真はビューアに表示されます。

図。 フィルムストリップ表示のブラウザで選択されたサムネールイメージと、選択したイメージが表示されているビューア。

グリッド表示では、写真のサムネールが格子状に表示されます。写真を実際に目で見て確認したりサムネールを操作したりしながら、写真を整理したり、スタックに分類したり、キーワードを割り当てたいときには、グリッド表示を使います。

リスト表示では、写真およびそれに関連するファイル情報の一覧が表示されます。イメージデータ、ファイルサイズ、レートなど、対応するファイルプロパティに基づいて写真を表示またはソートする必要があるときには、リスト表示を使用します。

図。 リスト表示のブラウザ。

リスト表示は、ファイルの情報をすばやく確認するときに便利な画面です。リスト表示では、列カテゴリに基づいて写真をソートすることもできます。列のヘッダをクリックすると、そのカテゴリに基づいて写真がソートされます。

また、写真と一緒に表示される情報をカスタマイズすることもできます。たとえば、ファイル名、IPTC データ、および EXIF データが一緒に表示されるように写真を設定できます。ブラウザのグリッド表示、リスト表示、およびフィルムストリップ表示で表示する情報は、「環境設定」ウインドウの「メタデータ」オプションをカスタマイズすることで変更できます。詳しくは、特定のメタデータを写真と一緒に表示するを参照してください。

編集中に間違った操作をしてしまったときは、ほとんどの場合、「取り消し」コマンドを選択して、直前に行った操作をただちに取り消すことができます。「取り消し」コマンドでは、複数回選択することによって、直前に行った操作を 1 つずつ取り消していくことができます。「Aperture」では、削除したオリジナルが「Aperture」のゴミ箱に入ります。オリジナルファイルを誤って削除してしまい、「取り消し」コマンドで削除操作を取り消せない場合でも、「ゴミ箱」を空にするまでは「Aperture」のゴミ箱からオリジナルを復旧できます。

公開日: 2012/10/01
役に立ちましたか?