Aperture 3.x: ファイルを読み込むときにタイプに基づいて絞り込む

ファイルを読み込むときにタイプに基づいて絞り込む

一部のデジタルカメラでは、オーディオ添付ファイルを写真に追加できます。たとえば、撮影後に写真のオーディオ注釈を記録できるカメラがあります。このようなカメラでは、写真をダウンロードするときにオーディオをレビューできるように、オーディオファイルがイメージファイルに添付されます。デジタルカメラやカードリーダーに接続したり、コンピュータ上の写真を含むフォルダにアクセスしたりすると、「Aperture」ではオーディオ添付ファイルが含まれる写真が認識されます。スタンドアロンの QuickTime互換のオーディオファイルやビデオファイルを読み込むこともできます。

ファイルを読み込むときにタイプに基づいて絞り込むには

  1. 「読み込み」ブラウザで、「読み込み設定」ポップアップメニューから「ファイルタイプ」を選択します。

    「読み込み」ブラウザに「ファイルタイプ」コントロールが表示されます。

    図。 「読み込み」ブラウザの「ファイルにフィルタを適用」コントロール。
  2. 以下のいずれかの操作を行います:

    • イメージファイルを除外して、読み込み可能なオーディオファイルとビデオファイルのみを残すには:「写真を除外」チェックボックスを選択します。

    • 読み込み時にビデオファイルを除外するには:「ビデオを除外」チェックボックスを選択します。

    • 読み込み時にオーディオファイルを除外するには:「オーディオファイルを除外」チェックボックスを選択します。

    • 写真に添付されたオーディオファイルをすべて除外するには:「オーディオ添付ファイルを除外」チェックボックスを選択します。

    • カメラを使ってフラグ付きファイルまたはロックされたファイルのみを取り込むには:「カメラ内のフラグ付き/ロックされたファイルのみを取り込む」チェックボックスを選択します。

      「読み込み」ブラウザに、選択した条件に一致するすべての写真が表示されます。すべての写真を再表示するには、上記のチェックボックスの選択を解除します。

Important:   オーディオファイルの名前がイメージファイルの名前と一致すると、オーディオファイルは添付ファイルとして「Aperture」に読み込まれます。たとえば、「file.nef」と「file.wav」を読み込むと、「Aperture」では、.nef という RAW イメージファイルに添付された.wav ファイルが読み込まれます。オーディオファイルは、接続されたカメラやカードリーダーからの読み込み時、内蔵および外部ハードディスクドライブからの読み込み時、およびドラッグアンドドロップを使った読み込み時の、すべてのタイプの読み込み時に自動的に添付されます。オーディオファイル名とイメージファイル名が異なる場合は、カメラやカードリーダーから直接読み込まれても写真には添付されません。ただし、例外が 1 つあります。キヤノン社のカメラ(G9 や G10 など)では、オーディオファイル名の前に接頭辞「SND」が付けられ、イメージファイル名の前に接頭辞「IMG」が付けられます。これらのオーディオファイルは、添付ファイルとして読み込まれます。
公開日: 2012/10/01
役に立ちましたか?