Aperture 3.x: デジタルカメラやカードリーダーから読み込む

デジタルカメラやカードリーダーから読み込む

「Aperture」では、次の 2 つの方法で「読み込み」ブラウザを使ってデジタルカメラやカードリーダーの写真を読み込むことができます。カメラやカードリーダーのすべての写真を一度に読み込むか、カメラやカードリーダーから選択した写真を読み込むことができます。

次のこともできます:

  • 読み込んだ写真を Aperture ライブラリに保存するか、ハードディスク上の別の場所を選んで参照イメージとして読み込む

  • 「Aperture」を使って、写真を読み込んだ後でメモリカードのイメージファイルを自動的に削除する

  • 「Aperture」を使って、写真を撮影間の期間に基づいて複数のプロジェクトに自動的に分割する

  • 「Aperture」を使って、読み込み時に写真を自動的にバックアップする

  • 「読み込み」ブラウザの写真を、グリッド状のサムネールまたはソート可能なリストで表示する

  • 名前の付けかたを適用して、ライブラリ内のイメージファイルの名前を標準化する

  • キーワード、見出し、著作権情報、撮影者の名前などのメタデータをイメージファイルに適用する。イメージを読み込むときに、その写真に関連付けられた既存のメタデータを保持するか、または取り替えることもできます。

  • 別の時間帯で撮影された写真の撮影時間を調整する

Note:   カメラを直接コンピュータに接続するときは、カメラの電源を入れて写真転送のモードに設定するようにしてください(カメラのタイプに応じて、PC、PTP、通常、またはその他のモード)。一部のカメラは、コンピュータに接続したときに適切な転送モードが自動的に選択されます。具体的な手順については、カメラのマニュアルを参照してください。カードリーダーがある場合は、カメラではなくカードリーダーを使って写真を転送することをお勧めします。カードリーダーを使うと時間を節約でき、カメラのバッテリーを消費する必要もありません。

カメラやカードリーダーの写真を「Aperture」に読み込むには

  1. カメラまたはカードリーダーをコンピュータに接続します。

    「読み込み」ブラウザが開いて、カメラまたはカードに入っている写真が表示されます。

    Note:   カメラまたはカードリーダーを接続したときに「iPhoto」が開いたら、「iPhoto」を終了します。次に「Aperture」で、「Aperture」>「環境設定」と選択して、「読み込み」をクリックします。「カメラを接続したときに起動する項目」ポップアップメニューから「Aperture」を選択します。カメラを接続解除してから再接続し、「Aperture」の「読み込み」ダイアログを開きます。
    図。 「読み込み」ブラウザが表示されている「Aperture」のメインウインドウ。
  2. 以下のいずれかの操作を行います:

    • 写真を新しい空のプロジェクトに読み込みたい場合:「保存先」ポップアップメニューから「新規プロジェクト」を選択して新しいプロジェクトを作成し、「プロジェクト名」フィールドにプロジェクトの名前を入力します。

      図。 「読み込み」ブラウザの「保存先」ポップアップメニュー。
    • 写真を既存のプロジェクトに読み込みたい場合:「ライブラリ」インスペクタでプロジェクトを選択します。

      図。 イメージを読み込むために「ライブラリ」インスペクタで選択されているプロジェクト。

      「保存先」ポップアップメニューに、選択されたプロジェクトが表示されます。

  3. 以下のいずれかの操作を行って、オリジナル・イメージ・ファイルを保存する場所を選択します:

    • 読み込んだオリジナルを Aperture ライブラリに保存するには:「ファイルの保存場所」ポップアップメニューから「Aperture ライブラリ」を選択します。

    • 読み込んだオリジナルをハードディスク上の「ピクチャ」フォルダに参照イメージとして保存するには:「ファイルの保存場所」ポップアップメニューから「ピクチャ」を選択してから、「ファイル移動」ボタンまたは「ファイルコピー」ボタンをクリックして、イメージファイルを「ピクチャ」フォルダに移動するかコピーするかを選択します。

    • 読み込んだオリジナルを「ピクチャ」フォルダ以外の場所に参照イメージとして保存するには:「ファイルの保存場所」ポップアップメニューから「選択」を選択してから、フォルダを選択します。表示されるダイアログで、読み込んだオリジナルを保存する場所を選択してから、「開く」をクリックします。「サブフォルダ」ポップアップメニューから「プロジェクト名」を選択して、プロジェクト名と同じ名前のフォルダにファイルが保存されるように指定します。「ファイル移動」ボタンまたは「ファイルコピー」ボタンをクリックして、イメージファイルを新しい場所に移動するかコピーするかを選択します。

  4. 追加の読み込み設定のコントロールを追加するには、「読み込み設定」ポップアップメニューからオプションを選択します。

    読み込み設定について詳しくは、読み込みオプションの概要を参照してください。

  5. 以下のいずれかの操作を行います:

    図。 「読み込み」ブラウザの「すべてにチェックを付ける」ボタンと「すべてのチェックを外す」ボタン。
    • カメラやカードリーダーからすべての写真を読み込むには:「すべてにチェックを付ける」をクリックします。

      「読み込み」ブラウザ内にあるすべての写真のチェックボックスが選択されます。

    • カメラやカードリーダーから写真のサブセットを読み込むには:「すべてのチェックを外す」ボタンをクリックしてすべての写真のチェックボックスを解除してから、読み込みたい写真のチェックボックスを選択します。

      隣接している写真の場合は Shift キーを押したままクリックし、隣接していない写真の場合は Command キーを押したままクリックしてから、いずれかの写真のチェックボックスを選択することもできます。いずれかのチェックボックスを選択するだけで、選択されているすべての写真のチェックボックスが選択されます。

      Note:   読み込む前に写真の内容を確認したい場合は、サムネールイメージをダブルクリックすると、大きな写真を見ることができます。
  6. 「チェックした項目を読み込む」ボタンをクリックします。

    図。 「読み込み」ブラウザの「チェックした項目を読み込む」ボタン。

    読み込み処理が始まり、プロジェクト名の横に読み込みの進行状況を示すインジケータが表示されます。写真が読み込まれると、ダイアログが表示されます。

  7. 「カードを取り出す」、「カードを消去して取り出す」、または「完了」をクリックします。

    Note:   このダイアログに表示されるオプションは、カメラを接続したときにそのカメラが機能する方法によって異なります。一部のカメラは、大容量記憶装置として接続されます。これらのカメラから読む込むと、「消去します」および「取り出し」オプションが表示されます。ほかのカメラは単にカメラとして接続されるので、読み込みが完了しても「消去します」または「取り出し」は表示されません。その場合は、直接カメラで写真を消去できます。

ブラウザに写真が表示されたら、写真の操作を開始できます。読み込み処理が完了するまで、写真が一時的にグレイのボックスとして表示されることがあります。

公開日: 2012/10/01
役に立ちましたか?