Aperture 3.x: 写真の読み込みの概要

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
写真の読み込みの概要

「Aperture」には、写真を簡単に読み込むためのツールとワークフローオプションが用意されています。デジタルカメラやカードリーダーから直接写真を読み込んだり、コンピュータのハードディスクやその他の記憶装置に保存された写真を読み込んだりすることができます。オーディオファイルやビデオファイルを読み込むこともできます。

写真を個別に iPhoto ライブラリから「Aperture」に読み込む必要はなくなりました。「Aperture」では、複数の Aperture ライブラリファイルを操作するのと同じようにして、iPhoto ライブラリを開いたり、表示したり、操作したりできます。「Aperture」で iPhoto ライブラリを開く方法について詳しくは、ライブラリファイルの概要を参照してください。

デジタルカメラやカードリーダーから写真を「Aperture」に読み込むと、それらの写真はプロジェクトに配置されます。既存のプロジェクトを選択しない場合は、新規プロジェクトが自動的に作成されます。

「Aperture」で写真、ビデオファイル、およびオーディオファイルが読み込まれると、各オリジナルに対応するバージョンファイル、プレビュー、およびサムネールが生成されます。

図。 デジタルカメラでイメージを撮影し、それらのイメージをコンピュータのシステムディスク上の Aperture ライブラリに読み込んでから、マスターとバージョンが含まれるライブラリのバックアップをボールトに作成することに関連した「Aperture」のワークフロー図。

オリジナルは、デジタルカメラやカードリーダー、およびハードディスクドライブから直接読み込むことができます。

写真を読み込むときに、オリジナルをライブラリに保存するか、Aperture ライブラリの外のハードディスクに保存するかを選択することができます。ライブラリの外に保存したファイルは、参照イメージとしてアクセスできます。参照イメージについて詳しくは、管理されたイメージおよび参照イメージとはを参照してください。

「Aperture」に写真を読み込むときに、写真の名前を自動的に付けたり、写真の情報が自動的に記録されるように設定できます。「Aperture」では、ファイルに割り当てる名前の付けかたをカスタマイズしたり、見出し、キーワード、日付、著作権とクレジット情報、IPTC 情報などのメタデータを記録したり、写真を撮影した時間を正確な時間帯に調整することもできます。写真に XMP サイドカーファイルが含まれている場合、「Aperture」はそのファイルも読み込み、メタデータをイメージバージョンに追加します。写真を読み込むときに自動的にバックアップされるように「Aperture」を設定することもできます。詳しくは、バックアップワークフローの概要を参照してください。

Important:   Aperture ライブラリに読み込まれたオーディオファイル、オーディオ添付ファイル、および PDF は、「iPhoto」で Aperture ライブラリを開くときは表示されません。これらの項目を表示して操作するときは、「Aperture」で Aperture ライブラリを開きます。
公開日: 2018/06/01
役に立ちましたか?