Aperture 3.x: ライブラリを結合する

ライブラリを結合する

複数のコンピュータで作業したり、ほかのユーザとプロジェクトを共有する場合に、別の Aperture システムにプロジェクトおよびアルバムを転送しなければならないことがあります。フォルダ、プロジェクト、およびアルバムの転送は、簡単な書き出しおよび読み込みの処理です。書き出される項目はライブラリファイルに統合されます。ライブラリを 2 台目の Aperture システムに読み込むときに、ファイルを追加したり、ファイルを削除したり、メタデータを変更したり、調整を行ったりできます。変更したライブラリの内容を元のコンピュータに戻す準備ができると、「Aperture」で 2 つのライブラリが結合されます。

フォルダ、プロジェクト、およびアルバムをあるコンピュータから別のコンピュータに転送するには

  1. 「ライブラリ」インスペクタで、転送したい項目を選択して、「ファイル」>「書き出す」>「項目を新規ライブラリとして」と選択します。

    Note:   「書き出す」メニューの項目は、選択した項目によって変わります。「ライブラリ」インスペクタでアルバムなどの 1 つの項目を選択した場合は、「ファイル」>「書き出す」>「アルバムを新規ライブラリとして」と選択します。
  2. 名前を入力し、ライブラリを書き出す場所を選択します。

  3. 以下のいずれかの操作を行います:

    • プロジェクトに参照イメージが含まれ、新しい「Aperture」システムでオリジナルファイルを使用可能にしたい場合:「オリジナルを書き出すライブラリに統合」チェックボックスを選択して、オリジナル・イメージ・ファイルを新しいライブラリファイルにコピーします。

    • 新しい「Aperture」システムでプレビューを再構築する必要がないように、プレビューを新しいライブラリにコピーしたい場合:「プレビューを書き出しライブラリに取り込む」チェックボックスを選択します。

    • 新しいライブラリの構築が完了したときに「Aperture」で警告を表示したい場合:「終了時に警告を表示」チェックボックスを選択します。

  4. 「ライブラリを書き出す」をクリックします。

    「Aperture」では、選択した項目がライブラリに統合され、そのライブラリファイルが選択した場所に書き出されます。

  5. 2 台のコンピュータを接続またはネットワーク接続して、書き出したライブラリファイルを 2 台目のコンピュータにコピーします。

    詳しくは、コンピュータに付属のマニュアルを参照してください。

  6. 2 台目のコンピュータで「Aperture」を開いて、「ファイル」>「ライブラリに切り替える」>「[ライブラリファイル名]」と選択します。

1 台目のコンピュータから書き出したライブラリを 2 台目のコンピュータで操作できるようになりました。

2 台目のコンピュータで変更したライブラリを 1 台目のコンピュータのライブラリに結合するには

2 台目のコンピュータで変更したライブラリを 1 台目のコンピュータのライブラリに結合する準備ができたら、そのライブラリを 1 台目のコンピュータで開いているライブラリに読み込みます。

  1. 前のタスクの手順に従って、2 台目のコンピュータで変更したライブラリを 1 台目のコンピュータに転送します。

  2. 1 台目のコンピュータで「ファイル」>「読み込む」>「ライブラリ/プロジェクト」と選択し、2 台目のコンピュータで変更したライブラリファイルを検索してから「読み込む」をクリックします。

    読み込んだライブラリを現在のライブラリと結合したり、読み込んだライブラリの内容を現在のライブラリに追加したりするためのオプションが表示されているダイアログ。

  3. 「結合」をクリックします。

    ライブラリ間の相違点によって発生する問題を解決するために使用するライブラリを選択するよう求めるダイアログが表示されます。

  4. 変更したライブラリの変更を読み込むには、2 台目のコンピュータからライブラリを選択します。

「Aperture」で 2 台目のコンピュータから変更されたライブラリが読み込まれ、2 台目のコンピュータでのプロジェクトおよびアルバムへの変更が、1 台目のコンピュータの同一プロジェクトおよびアルバムに結合されます。2 台目のコンピュータで削除されたファイル、または何らかの原因で 2 台目のコンピュータのライブラリファイルに存在しないファイルは、1 台目のコンピュータのライブラリにある「Aperture」のゴミ箱に移動します。

1 台目のコンピュータのライブラリの内容を上書きしないで、2 台目のコンピュータからライブラリの内容を追加するには

1 台目のコンピュータから 2 台目のコンピュータに書き出された元のプロジェクトおよびアルバムを、2 台目のコンピュータで変更したプロジェクトおよびアルバムで上書きしたくない場合は、変更したプロジェクトおよびアルバムを一意の項目として 1 台目のコンピュータのライブラリに追加できます。

  1. 変更したライブラリを 2 台目のコンピュータから 1 台目のコンピュータに転送します。

  2. 1 台目のコンピュータで「ファイル」>「読み込む」>「ライブラリ/プロジェクト」と選択し、2 台目のコンピュータで変更したライブラリファイルを検索してから「読み込む」をクリックします。

    ライブラリ間の相違点によって発生する問題を解決するために使用するライブラリを選択するよう求めるダイアログが表示されます。

  3. 「追加」をクリックします。

「Aperture」で、変更したライブラリの内容が 2 台目のコンピュータから 1 台目のコンピュータのライブラリに読み込まれます。変更したファイルは上書きされずに、変更したファイルが追加項目として追加されます。読み込まれた項目の名前が「ライブラリ」インスペクタの既存の項目の名前と同じ場合は、読み込まれた項目の名前に「(1)」が付加されます。

公開日: 2012/10/01
役に立ちましたか?