Aperture 3.x: 「Aperture」のゴミ箱を操作する

「Aperture」のゴミ箱を操作する

「Aperture」で削除されたすべての項目(プロジェクト、アルバム、フォルダ、バージョン、オリジナルなど)は、「ライブラリ」インスペクタの「Aperture」のゴミ箱に入れられます。ゴミ箱を空にするまでは、ゴミ箱からファイルを復旧できます。

プロジェクトからオリジナルとそのすべてのバージョンを削除するには

写真、ビデオクリップ、またはオーディオクリップを選択して、「ファイル」>「オリジナルイメージとすべてのバージョンを削除」と選択します。

オリジナルとすべてのバージョンがゴミ箱に入ります。

アルバムにあるバージョンだけを削除するには

写真、ビデオクリップ、またはオーディオクリップを選択して、「写真」>「アルバムから削除」と選択します(または、Delete キーを押します)。

バージョンが削除されます。オリジナルおよびほかのバージョンは削除されません。

プロジェクトとフォルダを削除するには

「ライブラリ」インスペクタから項目を削除すると、その項目の内容も一緒に削除されます。

Note:   プロジェクトを削除すると、そのプロジェクトに含まれているオリジナルも削除されます。
  1. プロジェクトまたはフォルダを選択します。

  2. 以下のいずれかの操作を行います:

    • 「ファイル」>「[項目]を削除」と選択します(または、Command+Delete キーを押します)。

    • 項目を「Aperture」のゴミ箱にドラッグします。

「ライブラリ」インスペクタで、選択した項目がゴミ箱に移動します。

「Aperture」のゴミ箱から項目を移動するには

「ライブラリ」インスペクタで項目を誤って削除した場合でも、簡単に修復できます。

以下のいずれかの操作を行います:

「Aperture」のゴミ箱の外に項目をドラッグします。

Control キーを押したまま「Aperture」のゴミ箱内の項目をクリックして、ショートカットメニューから「元に戻す」を選択します。

選択した項目が、「ライブラリ」インスペクタの元の場所に移動します。

「Aperture」のゴミ箱を空にするには

「Aperture」のゴミ箱の内容を確認して、その中の項目が必要ないと確信したら、ゴミ箱を空にすることができます。「Aperture」のゴミ箱を空にすると、その内容はすべて Finder のゴミ箱に置かれます。

  1. 以下のいずれかの操作を行います:

    • 「Aperture」>「Aperture のゴミ箱を空にする」と選択します(または Command+Shift+Delete キーを押します)。

    • Control キーを押したまま「Aperture」のゴミ箱をクリックして、ショートカットメニューから「Aperture のゴミ箱を空にする」を選択します。

    「Aperture」のゴミ箱から項目が完全に削除されることを警告するダイアログが表示されます。

  2. 「削除」をクリックします。

WARNING:   この操作を取り消すことはできませんが、Finder のゴミ箱を空にするまでは、そのゴミ箱からオリジナルを取り出すことはできます。
公開日: 2012/10/01
役に立ちましたか?