Aperture 3.x: 「Aperture」でジェスチャを使用する

「Aperture」でジェスチャを使用する

コンピュータにマルチタッチトラックパッドまたは Magic Mouse が搭載されている場合は、ジェスチャを使って「Aperture」を操作できます。たとえば、ブラウザで写真を操作するときは、回転ジェスチャを使ってイメージを回転させたり、スワイプジェスチャを使って別の写真を選択したりできます。ポータブル Mac コンピュータで使用する標準のマルチタッチ・トラックパッド・ジェスチャに加えて、「Aperture」の以下の機能でマルチタッチジェスチャを使用できます。

Note:   次のジェスチャを使用するには、Aperture 3.3.2 以降および OS X Mountain Lion v10.8 以降が必要です。
機能
マルチタッチトラックパッドのジェスチャ

グリッド表示のブラウザ

  • ブラウザ内のサムネールのサイズを変更するときは、ピンチジェスチャを使用します。

  • ポインタが置かれている写真を回転させるときは、回転ジェスチャを使用します。

  • 「トラックパッド」環境設定の「その他のジェスチャ」パネルにある「ページ間をスワイプ」ポップアップメニューで「3 本指でスワイプ」が選択されているときは、別の写真を選択するときに 3 本指のスワイプジェスチャを使用します。

    スワイプジェスチャについて詳しくは、ヘルプセンターを参照してください。

リスト表示のブラウザ

  • ブラウザ内のサムネールのサイズを変更するときは、ピンチジェスチャを使用します。

  • 「トラックパッド」環境設定の「その他のジェスチャ」パネルにある「ページ間をスワイプ」ポップアップメニューで「3 本指でスワイプ」が選択されているときは、別の写真を選択するときに 3 本指のスワイプジェスチャを使用します。

    スワイプジェスチャについて詳しくは、ヘルプセンターを参照してください。

フィルムストリップ表示のブラウザ(「分割表示」レイアウト)とフルスクリーン表示のフィルムストリップ(ビューアモード)

  • ブラウザまたはフィルムストリップ内のサムネールのサイズを変更するときは、ピンチジェスチャを使用します。

  • ポインタが置かれているイメージを回転させるときは、回転ジェスチャを使用します。

  • 「トラックパッド」環境設定の「その他のジェスチャ」パネルにある「ページ間をスワイプ」ポップアップメニューで「3 本指でスワイプ」が選択されているときは、別の写真を選択するときに 3 本指のスワイプジェスチャを使用します。

    スワイプジェスチャについて詳しくは、ヘルプセンターを参照してください。

ビューアとフルスクリーン表示(ビューアモード)

  • 写真を拡大/縮小するときはピンチジェスチャを使用し、写真の特定の部分を拡大するときは 2 本指でダブルタップします。

  • ポインタが置かれている写真を回転させるときは、回転ジェスチャを使用します。

  • 「環境設定」ウインドウの「一般」パネルで「ビューア内でスクロールしながら写真を表示」が選択されている場合に別の写真を選択するときは、スワイプジェスチャを使用します。

    「環境設定」ウインドウの「一般」パネルについて詳しくは、「一般」環境設定を参照してください。スワイプジェスチャについて詳しくは、ヘルプセンターを参照してください。

人々

  • スナップショットのサイズを変更するときは、ピンチジェスチャを使用します。

撮影地

  • 地図を拡大または縮小するときは、2 本指のスクロールを使用します。

ライトテーブル

  • ライトテーブルを拡大/縮小するとき、またはポインタの置かれた写真のサイズを変更するときは、ピンチジェスチャを使用します。

ブック・レイアウト・エディタ

  • 選択したページを拡大/縮小するとき、またはページ上でポインタの置かれたオブジェクトのサイズを変更するときは、ピンチジェスチャを使用します。(ページ上のオブジェクトのサイズを変更するときは、「レイアウトを編集」ボタンが選択されている必要があります。)

  • オブジェクトを回転させるときは、回転ジェスチャを使用します。Shift キーを押したまま回転ジェスチャをすることで、15 度ずつ回転させることもできます。

  • ページを変えるときは、スワイプジェスチャを使用します。

スライドショー

  • スライドショーの再生中に次または前のスライドを表示するときは、スワイプジェスチャを使用します。

ルーペツール

  • ルーペのサイズを変更するときは、ピンチジェスチャを使用します。(以前のバージョンの「Aperture」と同様に、スクロールジェスチャを使ってルーペの拡大率を変更することもできます。)

トリミングツール

  • すでに選択したトリミングの範囲を変更してそのサイズを変更するときは、ピンチジェスチャを使用します。

傾き補正ツール

  • イメージの回転の度合いを変更するときは、回転ジェスチャを使用します。

プリントダイアログ(プレビュー領域)

  • 「プリント」ダイアログのプレビュー領域に表示される写真を拡大/縮小するときは、ピンチジェスチャを使用します。

ジェスチャの操作について詳しくは、ヘルプセンターを参照してください。

公開日: 2012/10/01
役に立ちましたか?