Aperture 3.x: 「フォトストリーム」環境設定

「フォトストリーム」環境設定

Aperture ライブラリのフォトストリームの入/切を切り替えたり、フォトストリームと Aperture ライブラリの間で自動的に写真をアップロードおよびダウンロードするためのオプションを設定したりするときは、「フォトストリーム」環境設定パネルのコントロールを使用します。フォトストリームの共有を入にすることもできます。

図。 図。「Aperture」の「環境設定」ウインドウの「フォトストリーム」パネル

「フォトストリーム」環境設定パネルは次のコントロールで構成されます:

  • 「フォトストリーム」チェックボックス:このチェックボックスを選択または選択解除すると、現在開いている Aperture ライブラリのフォトストリームの入/切が切り替わります。

    • 「自動読み込み」チェックボックスこのチェックボックスを選択すると、フォトストリームの写真を自動的に Aperture ライブラリに読み込んで、「プロジェクト」表示、「写真」表示、「人々」表示、および「撮影地」表示に表示されるようになります。このチェックボックスを選択しない場合は、フォトストリームから Aperture ライブラリのプロジェクトに手動で写真をドラッグする必要があります。

    • 「自動的にアップロード」チェックボックス:このチェックボックスを選択すると、Aperture ライブラリに読み込まれる新しい写真がすべてフォトストリームにアップロードされます。

  • 共有フォトストリーム:このチェックボックスを選択すると、フォトストリームを共有でき、またほかのユーザが共有しているフォトストリームを表示できます。共有ストリームに追加された写真は、共有ストリームの参加者のデバイスに自動的にプッシュされます。

公開日: 2012/10/01
役に立ちましたか?