Aperture 3.x: 「読み込み」環境設定

「読み込み」環境設定

カメラをコンピュータに接続したときの「Aperture」の動作、写真の読み込み先(新規プロジェクトまたは「ライブラリ」インスペクタで選択した項目)、およびプロジェクトを自動分割する時間単位を指定するときは、「読み込み」環境設定パネルのコントロールを使用します。

図。 「読み込み」環境設定パネルのコントロール。

「読み込み」環境設定パネルは次のコントロールで構成されます:

  • 「カメラを接続したときに起動する項目」ポップアップメニュー:コンピュータにカメラを接続したときに開くアプリケーションを指定します。

  • 「デフォルトの読み込み先」ポップアップメニュー:写真の読み込み先(新規プロジェクトまたは「ライブラリ」インスペクタで選択した項目)を指定します。

  • 「プロジェクトを自動分割する間隔」ポップアップメニュー:読み込む写真を撮影日時に基づいて複数のプロジェクトに自動的に分けるためのオプションを選択します。

  • 「カメラプレビュー」ボタン:このボタンをクリックすると、可能な場合に、カメラにより生成された RAW イメージファイルの JPEG バージョンが使用されます。この設定により、RAW イメージファイルのメモリカードからコンピュータへのコピーが完了する前でも、読み込んだ直後から精細な高解像度のプレビューを表示できます。RAW ファイルのプレビューが「Aperture」で処理された後でも、色シフトが起こる場合があります。ただし、RAW イメージがはじめて「ビューア」に表示されるときに完全にレンダリングされたプレビューが生成されるため、それ以降は色シフトは起こりません。

    Tip:   「クイックプレビュー」モードとこの「カメラプレビュー」設定を組み合わせることで、新しく読み込んだイメージを何も処理しなくてもすぐに高精細なプレビューで確認できます。詳しくは、クイック・プレビュー・モードで写真間を移動するを参照してください。
  • 「標準プレビュー」ボタン:このボタンをクリックすると、イメージファイルを読み込んだ直後に「プレビュー」環境設定の設定を使ってそれらのプレビューイメージが生成されます。このオプションを選択すると、RAW イメージを選択して「ビューア」で表示するときではなく、読み込みグループ内のファイルごとに RAW デコーディング技術を使って完全にレンダリングされたプレビューが作成されます。ただし、RAW イメージファイルのグループが大きな場合は、読み込み後にプレビューを処理するためにかなりの時間がかかる場合があります。

    詳しくは、「プレビュー」環境設定を参照してください。

Important:   「カメラプレビュー」および「標準プレビュー」設定は、「ライブラリ」インスペクタの「ライブラリアクション」ポップアップメニュー(歯車のアイコンが付いたメニュー)で「プレビューを保持」が有効になっている場合のみ適用されます。
公開日: 2012/10/01
役に立ちましたか?