Aperture 3.x: 「Aperture」の環境設定の概要

「Aperture」の環境設定の概要

「Aperture」の「環境設定」ウインドウでは、Aperture ライブラリの場所、「Aperture」ウインドウの外観、写真をコンピュータに読み込むために使用するアプリケーション、写真を「Aperture」の外部に書き出す方法、カラーラベルを定義する方法、プレビューイメージを生成する方法を制御する設定や、その他の詳細設定を指定します。環境設定を指定することに時間をかけるほど、ワークフローを効率化できます。

「Aperture」の「環境設定」ウインドウは次のコントロールで構成されます:

「Aperture」の「環境設定」ウインドウの「一般」環境設定パネル
  • 「一般」ボタン:このボタンをクリックすると、ライブラリの場所を設定したり、最近読み込んだ写真を追跡する時間を設定したり、同じ写真の新しいバージョンを自動的に一緒にスタックしたり、マウスを使ったスクロールによってビューアで写真間を移動できるようにしたり、人物検出を有効にしたり、マルチタッチトラックパッドまたは Magic Mouse を使うときのジェスチャを有効にしたりするオプションが表示されます。詳しくは、「一般」環境設定を参照してください。

  • 「アピアランス」ボタン:このボタンをクリックすると、「Aperture」のインターフェイスをカスタマイズするためのオプションが表示されます。ブラウザ、ビューア、およびフルスクリーン表示の背景の明るさレベルを設定したり、スライドショーを表示するディスプレイを選択したり、ツールチップやバッジを表示したりできます。詳しくは、「アピアランス」環境設定を参照してください。

  • 「読み込み」ボタン:カメラをコンピュータに接続したときの「Aperture」の動作、写真の読み込み先(新規プロジェクトまたは「ライブラリ」インスペクタで選択した項目)、プロジェクトをいつ自動分割するかを判断するために使用する時間の長さを指定するときは、このボタンをクリックします。詳しくは、「読み込み」環境設定を参照してください。

  • 「書き出し」ボタン:「Aperture」の外部にある写真、オーディオ、ビデオの変更に使用する外部エディタを選択したり、写真をメールで送信するときに使用するメールアプリケーションとその設定を指定したりするためのオプションを選択するときは、このボタンをクリックします。作成する Web ページに取り込むコピーライト文を作成したり、「Aperture」から書き出す写真に位置情報や顔メタデータ(「人々」機能を使って写真内の人物に割り当てた名前)を含めるように指定したりすることもできます。詳しくは、「書き出し」環境設定を参照してください。

  • 「ラベル」ボタン:このボタンをクリックすると、カラーラベルにテキストを割り当てるためのオプションが表示されます。詳しくは、「ラベル」環境設定を参照してください。

  • 「プレビュー」ボタン:このボタンをクリックすると、プレビューイメージの作成方法と表示方法のオプションが表示されます。詳しくは、「プレビュー」環境設定を参照してください。

  • 「フォトストリーム」ボタン:このボタンをクリックすると、「Aperture」のフォトストリームを入にするオプション、およびすぐに写真をフォトストリームにアップロードしたり、フォトストリームからダウンロードしたりするように「Aperture」を設定するオプションが表示されます。詳しくは、「フォトストリーム」環境設定を参照してください。

  • 「Web」ボタン:このボタンをクリックすると、Flickr および Facebook のオンラインアカウントに公開したアルバムを確認してアップデートするためのオプションが表示されます。詳しくは、「Web」環境設定を参照してください。

  • 「詳細」ボタン:このボタンをクリックすると、ホットエリアとコールドエリアのしきい値を指定したり、「自動レベル」調整の制限を追加したり、カラーまたはモノクロのクリップオーバーレイを選択したり、写真の位置情報を自動的に検索することを選択したりするためのオプションが表示されます。詳しくは、「詳細」環境設定を参照してください。

公開日: 2012/10/01
役に立ちましたか?