Aperture 3.x: 「レイアウトオプション」インスペクタを使用する

「レイアウトオプション」インスペクタを使用する

「レイアウトオプション」インスペクタを使用すると、ブックページ上の項目を選択してそのジオメトリを表示することができます。プリンタによっては、正確なレイアウトサイズが必要です。「レイアウトオプション」インスペクタを使用すると、値スライダを使って新しいサイズを指定することで、すべての項目をページ上に正確に配置することができます。また、テキストボックスや写真ボックスのアングルを変更したり、写真ボックスにカラーの境界線を適用したりできます。

図。 「レイアウトオプション」インスペクタのコントロール。

「レイアウトオプション」インスペクタを開くには

ブック・レイアウト・エディタで、「ブックアクション」ポップアップメニュー(歯車のアイコンが付いたメニュー)から「レイアウトオプションを表示」を選択します。

ブック・レイアウト・エディタの左上の領域に「レイアウトオプション」インスペクタが表示されます。

テキストボックスまたは写真ボックスのサイズを変更するには

  1. ブック・レイアウト・エディタに表示されたブックページのテキストボックスまたは写真ボックスを選択します。

  2. 以下のいずれかの操作を行います:

    • 選択した項目を左または右に移動するには:「X」値スライダを使って新しい値を指定します。

    • 選択した項目を上または下に移動するには:「Y」値スライダを使って新しい値を指定します。

    • 選択した項目の幅を変更するには:「幅」値スライダを使って新しい値を指定します。

    • 選択した項目の高さを変更するには:「高さ」値スライダを使って新しい値を指定します。

テキストボックスまたは写真ボックスのアングルを変更するには

  1. ブック・レイアウト・エディタに表示されたブックページのテキストボックスまたは写真ボックスを選択します。

  2. 「アングル」値スライダを使ってアングル値を指定します。

値が大きくなるにつれて、写真は反時計回りに回転します。値を小さくすると、写真は時計回りに回転します。

写真ボックスに境界線を追加するには

  1. ブック・レイアウト・エディタに表示されたブックページの写真ボックスを選択します。

  2. 「太さ」値スライダを使って値を指定して、境界線の幅を設定します。

  3. 「カラー」ボックス内をクリックし、「カラー」ウインドウで色を選択して、境界線の色を設定します。

境界線が写真に適用されます。

「レイアウトオプション」インスペクタを閉じるには

ブック・レイアウト・エディタで、「ブックアクション」ポップアップメニュー(歯車のアイコンが付いたメニュー)から「レイアウトオプションを隠す」を選択します。

公開日: 2012/10/01
役に立ちましたか?