Aperture 3.x: ボールトとは

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
ボールトとは

写真のバックアップコピーを確実に作成するために、ボールトを作成してバックアップファイルを保管できます。ボールトは、ライブラリの正確なコピーを保管するコンテナです。ボールトには、プロジェクト、オリジナル、および作成したすべてのバージョンが入っています。ボールトの作成やアップデートにより、ライブラリのバックアップ作成が簡単になります。ライブラリのコピーを保護するために、複数の外部ハードディスク・ドライブに複数のボールトを作成することをお勧めします。

ボールトは、必要な数だけ作成できます。複数の異なる場所で作業する場合は、複数のボールトを作成すると便利です。つまり、現場の外部ドライブ上に一方のボールトを管理しながら、現場から離れた場所でもう一方のボールトを利用することができます。ライブラリによってすべてのボールトとバックアップファイルが監視されるので、ボールトが置かれている外部ハードディスクドライブの接続を解除しても、次回ドライブを再接続してボールトをアップデートしたときには、「Aperture」はそのドライブにアクセスすることができます。

管理されたイメージのすべてのオリジナルとバージョン、および管理されたイメージに関連付けられたすべてのメタデータ、プレビュー、および調整情報のバックアップが作成されます。参照オリジナルに関連付けられたバージョン、プレビュー、メタデータ、および調整情報のバックアップもボールトに作成されます。参照オリジナルのバックアップは、ライブラリと一緒にはボールトに作成されません。

Important:   参照イメージのオリジナルはライブラリの外に保存されるため、それらのファイルのバックアップ作成およびアーカイブは自分で管理する必要があります。
公開日: 2018/06/01
役に立ちましたか?