Aperture 3.x: 自分のフォトストリームの概要

自分のフォトストリームの概要

自分のフォトストリームは iCloud のサービスで、最近の 30 日間の写真をアップロードおよび保存して、自動的に iOS デバイスとコンピュータにプッシュします。

Note:   自分のフォトストリームを利用するには、iCloud アカウントが必要です。iCloud には OS X v10.7.2 以降が必要です。詳しくは、iCloud アカウントを設定するを参照してください。

自分のフォトストリームのしくみを次に示します:

  • まず、自分のフォトストリームに含めたいデバイスで自分のフォトストリームを設定します。

  • 次に、iOS デバイスで写真を撮影するか、デジタルカメラから Mac、iPad、または Windows コンピュータに写真を読み込みます。

  • iCloud によって写真が自動的にフォトストリームにアップロードされ、次にほかのデバイスにダウンロードされます(Wi-Fi ネットワークまたは Ethernet 経由)。

  • 各デバイスのフォトストリームに写真が表示されます。iOS デバイスの場合は写真 App に、Mac の場合は「iPhoto」または「Aperture」に、Windows コンピュータの場合は「ピクチャ」フォルダに表示されます。

フォトストリームのワークフロー図。

自分のフォトストリームは完全自動ですが、Mac の場合は、「iPhoto」または「Aperture」で自分のフォトストリームを設定するときに自動アップロードを切にすることもできます。これは、定期的に大量の写真を読み込む場合に便利です。

iCloud では新しい写真が 30 日間保存されるので、デバイスで接続して写真をダウンロードする時間が十分あります。iOS デバイスには最近の写真が 1000 枚保持されるので、お気に入りの写真をカメラロールやその他のアルバムに保存して、デバイス上に長期間保持することができます。コンピュータの方が記憶容量が大きいので、コンピュータにフォトストリームのすべての写真を保持できます。

Note:   Mac ですべての写真を保持するには、「iPhoto」または「Aperture」の「フォトストリーム」環境設定で「自動読み込み」を入にする必要があります(このオプションはデフォルトで入になっています)。Windows PC では、常にすべての写真が保持されます。

自分のフォトストリームを使って写真をデバイス間で最新の状態に保つことに加えて、フォトストリームを作成してほかの人と写真を共有することもできます。詳しくは、共有フォトストリームの概要を参照してください。

使用を開始するには、すべてのデバイスで自分のフォトストリームを入に設定します。

iOS デバイスで自分のフォトストリームを設定する方法について詳しくは、「iCloud ヘルプ」で「フォトストリームを設定する」を参照してください。

Note:   TIFF は最大 100 MB まで、JPEG は最大 50 MB まで、対応している RAW フォーマットは最大 100 MB まで、PNG は最大 50 MB まで、すべて自分のフォトストリームと互換性があります。
公開日: 2012/10/01
役に立ちましたか?