Aperture 3.x: メタデータプリセットを作成する

メタデータプリセットを作成する

メタデータプリセットの独自の組み合わせを作成し、保存して、必要に応じて写真に適用することができます。プリセットを作成するには、メタデータが適用されたバージョンを選択し、メタデータをプリセットとして保存します。メタデータが適用されていないバージョンを選択し、そのバージョンに適用したいメタデータを追加してから、その情報をメタデータプリセットとして保存することもできます。これにより、写真を読み込んだり、写真を一括変更したり、「情報」インスペクタまたは「インスペクタ HUD」の「情報」パネルで写真のメタデータを変更したりするときに、このメタデータプリセットを選択できるようになります。「Aperture」には、プリセットを簡単に管理する方法も用意されています。

新しいメタデータプリセットを作成するには

  1. 「情報」インスペクタまたは「インスペクタ HUD」の「情報」パネルで、写真に適用したいメタデータをメタデータフィールドに入力します。

    「メタデータ表示」ポップアップメニューからさまざまな表示を選択して、複数のメタデータ表示にメタデータを追加できます。

  2. メタデータアクションのポップアップメニュー(歯車のアイコンが付いたメニュー)から「バージョンから新規プリセット」を選択します。

  3. 「メタデータ」ダイアログで、新しいメタデータプリセットの名前を入力して、「OK」をクリックします。

    図。 名称未設定の新しいメタデータプリセットが表示されている「メタデータ」ダイアログ。

新しいメタデータプリセットが、メタデータアクションのポップアップメニューの「プリセットに追加」および「プリセットと置き換え」サブメニューに表示されます。

既存のメタデータプリセットを変更するには

  1. 「情報」インスペクタまたは「インスペクタ HUD」の「情報」パネルで、メタデータアクションのポップアップメニュー(歯車のアイコンが付いたメニュー)から「プリセットを管理」を選択します。

  2. 「メタデータ」ダイアログで、変更したいプリセットを選択します。

  3. 「メタデータ」ダイアログの右側にあるメタデータフィールドに、加えたい変更を入力します。

  4. 「OK」をクリックします。

メタデータプリセットの変更内容が保存されます。必要に応じて、メタデータアクションのポップアップメニューの「プリセットに追加」および「プリセットと置き換え」サブメニューで表示されるメタデータプリセットの順序を変更できます。メタデータプリセットの名前変更と削除もできます。詳しくは、メタデータプリセットを管理するを参照してください。

公開日: 2012/10/03
役に立ちましたか?