Mac OS X 10.6: 互換性のないログイン項目を取り除く

This article has been archived and is no longer updated by Apple.
互換性のないログイン項目を取り除く

ログイン項目とは、コンピュータの起動時またはログイン時に自動的に開くアプリケーションのことです。ログイン項目が原因で、起動時に何もない青い画面が表示されるなどの問題が起こることがあります。

互換性のないログイン項目があると思われる場合は、以下の手順に従ってログイン項目をテストしてみてください。始める前に、これらの手順をプリントしておくと便利です。

ログイン項目をテストするには:

  1. コンピュータをシステム終了し、30 秒待ってから、Shift キーを押したままパワーボタンを押します。

  2. グレイの Apple ロゴと進行状況インジケータ(回転する歯車)が表示されたら、Shift キーを放します。

    ログインを求められた場合は、パスワードを入力してからもう一度 Shift キーを押したまま「ログイン」をクリックします。

  3. アップルメニュー>「システム環境設定」と選択し、「アカウント」をクリックします。

  4. アカウントの名前をクリックして、「ログイン項目」をクリックします。

  5. ログイン項目のリストを書き留めておきます。これは後の作業のために覚えておく必要があります。

  6. すべてのログイン項目を選択し、「削除」(-)ボタンをクリックします。

  7. アップルメニュー>「再起動」と選択します。

    これによって問題が解決した場合は、再度「アカウント」環境設定を開き、ログイン項目を 1 つずつ追加し、症状が再現されるまで 1 つ追加するたびにコンピュータを再起動します。各ログイン項目を追加して再起動するときに、キーを押したままにする必要はありません。

互換性のないログイン項目が見つかった場合は、上記の手順を使ってその項目だけを取り除いてください。

Published Date: 2013/05/14
Helpful?