Disk Utility 12.x: ディスクのアクセス権を修復する

ディスクユーティリティを使用してディスクのアクセス権を修復する

アクセス権が正しく設定されていないことを示すメッセージが表示される場合は、ディスクのアクセス権を修復できる場合があります。

  1. アップルメニュー>「ソフトウェア・アップデート」と選択し、最新バージョンの Mac OS X が収録されていることを確認します。

    ソフトウェアのアップデートによって、セキュリティを強化するためにファイルのアクセス権が変更されることがあります。そのため、ソフトウェアをアップデートすることによって一部のアクセス権の問題を解決できる可能性があります。

  2. 「Launchpad」の「ユーティリティ」フォルダにある「ディスクユーティリティ」を開きます。

    「ディスクユーティリティ」を開く

  3. 確認したいディスクを選択します。

    アクセス権を検証または修復できるのは、Mac OS X v10.7 Lion がインストールされたディスクだけです。

  4. 「First Aid」をクリックします。
  5. 以下のいずれかを実行します:
    • 「ディスクのアクセス権を検証」をクリックして、アクセス権を検証します。

    • 「ディスクのアクセス権を修復」をクリックして、アクセス権を検証し、修復します。

「ディスクユーティリティ」では、「Mac OS X インストーラ」、「ソフトウェア・アップデート」、または Apple のソフトウェアインストーラによってインストールされたファイルのアクセス権が修復されます。書類、ホームフォルダ、および他社製アプリケーションのアクセス権はいずれも修復されません。

公開日: 2012/07/11
役に立ちましたか?
38% の人が役に立ったと言っています。

その他の製品サポート情報