Disk Utility 12.x: Windows コンピュータ用にディスクをフォーマットする

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
ディスクユーティリティを使用して Windows コンピュータ用にディスクをフォーマットする

「ディスクユーティリティ」を使って、Windows コンピュータで使用するディスクをフォーマットできます。

注記:ディスクをフォーマットすると、ディスク上のすべてのファイルが消去されます。ディスクをフォーマットする前に、保存したいファイルをすべて、別のディスクにコピーしてください。

  1. 「Launchpad」の「ユーティリティ」フォルダにある「ディスクユーティリティ」を開きます。

    「ディスクユーティリティ」を開く

  2. Windows コンピュータで使用するためにフォーマットするディスクを選択します。
  3. 「消去」をクリックし、以下のいずれかを「フォーマット」ポップアップメニューから選択します:
    • ディスクのサイズが 32 GB 以下の場合は、「MS-DOS(FAT)」を選択します。

    • ディスクのサイズが 32 GB を越える場合は、「ExFAT」を選択します。

  4. ディスクの名前を入力します。

    ディスク名の最大長は 11 文字です。

  5. 「消去」ボタンをクリックし、もう一度「消去」をクリックします。

Windows と互換性のある「マスター・ブート・レコード」パーティション方式を使って、ディスクにパーティションを作成することもできます。

ディスクにパーティションを作成する

公開日: 2018/06/01
役に立ちましたか?