Keynote for iOS (iPad): オブジェクトを回転する/反転する/位置を微調整する/サイズを合わせる

オブジェクトを回転する/反転する/位置を微調整する/サイズを合わせる

以下の操作の前に、まずオブジェクトをタップして選択する必要があります。選択されたオブジェクトには、選択ハンドルが表示されます。

選択ハンドルが表示された楕円

イメージ、図形、またはテキストボックスを回転する:

2 本の指をオブジェクトに置き、オブジェクトを回転させたい方向に手を回します。回転が始まったら、1 本の指でドラッグすることで回転を続けることができます。回転角を示すガイドが表示されます。

オブジェクトを回転する

グラフ、表、およびプレースホルダテキストボックスは回転できません。

イメージを反転する:

  1. イメージを選択してツールバーの 「情報」ボタン をタップします。

  2. 「配置」をタップしてから、「上下反転」または「左右反転」をタップします。

オブジェクトの位置を 1 ピクセル単位で微調整する:

微調整によってオブジェクトを 1 ピクセルずつ動かすことができます。

オブジェクトを 1 本の指でタッチして押さえ、そのまま別の指で、動かしたい方向にスライドの任意の場所をスワイプします。

オブジェクトの位置を微調整する

オブジェクトの XY 座標を示すインジケータが表示されます。スワイプするごとに、オブジェクトの位置が移動方向へ 1 ピクセルずつ動くことが確認できます。

2 本、3 本、4 本、または 5 本の指でスワイプすると、それぞれ 10、20、30、または 40 ピクセル単位でオブジェクトの位置を微調整できます。

2 つのオブジェクトのサイズを合わせる:

スライド上の 2 つのオブジェクトのサイズをすばやく揃えることができます。この操作は、両手を使うと簡単でしょう。

  1. サイズを変更したいオブジェクトを選択して、選択ハンドルをドラッグします。

    2 つのオブジェクトのサイズを合わせる
  2. ドラッグしながら、目標のサイズのオブジェクトをタッチして押さえたままにします。

    2 つのオブジェクトのサイズを合わせる
  3. 「サイズを合わせる」というメッセージが表示されたら、サイズを変更するオブジェクト(1 つ目のオブジェクト)から指を離して次にもう一方のオブジェクトから指を離すか、同時に両方の指を離します。

エッジガイドと中央ガイドの動作をカスタマイズする:

スライド上に 2 つ以上のオブジェクトがある場合、オブジェクトをドラッグすると中央または端が位置揃えされるときに配置ガイドが表示されます。これらのガイドを使うと、スライドキャンバス上でオブジェクトを非常に正確に揃えることができます。表示されるガイドの数を減らしたい場合は、エッジガイドまたは中央ガイドをオフにすることができます。これらのガイドはデフォルトではオンになっています。

オブジェクトを非常に正確に揃えたい場合は、オブジェクトの端または中央がスライドキャンバスの上端と左端に沿って表示されるルーラの 10 %のマークに揃うたびに、2 つのオブジェクトがスライド上の別のオブジェクトから等距離であることを示すガイドが表示されるように設定できます。これらのガイドはデフォルトではオフになっています。

  1. 「ツール」ボタン をタップし、「詳細」をタップします。

  2. 「ガイド」をタップしてから、以下のいずれかを実行します:

    • オブジェクトの中央が位置揃えされることを示すガイドをオフにするには、「中央ガイド」をスライドしてオフにします。

    • オブジェクトのエッジが位置揃えされることを示すガイドをオフにするには、「エッジガイド」をスライドしてオフにします。

    • オブジェクト間の感覚が等しいことを示すガイドをオフにするには、「間隔ガイド」をスライドしてオフにします。

      スライド上で 3 つ以上のオブジェクトが等間隔になると、ガイドが表示されます。

    • ルーラの 10 %のマークでガイドが表示されるようにするには、「エッジガイド」と「中央ガイド」をスライドしてオンにしてから、「ガイド(10%)」をスライドしてオンにします。

「Keynote」で使用されるジェスチャについて詳しくは、Keynote のタッチスクリーン操作の基本Keynote のオブジェクトを操作するを参照してください。

公開日: 2012/10/17
役に立ちましたか?
64% の人が役に立ったと言っています。