Logic Pro X: マルチトラックオーディオ録音でスマートテンポを使う

マルチトラックオーディオ録音でスマートテンポを使う

マルチトラックオーディオ録音でスマートテンポ解析を使用できます。「Logic Pro」でマルチトラックオーディオを録音する場合と、プロジェクトに一連のマルチトラック・オーディオ・ファイルを追加する場合のどちらでも可能です。マルチトラックオーディオ録音でスマートテンポ解析を使用すると、マルチトラック・オーディオ・ファイルがまとめて解析され、すべてのファイルに解析結果が適用されます。デフォルトではすべてのマルチトラック・オーディオ・ファイルが解析対象になりますが、一部のオーディオファイルを解析から除外しながら解析結果をすべてのファイルに適用することもできます。

スマートテンポ処理のため、「Logic Pro」内ではマルチトラックオーディオ録音がスマートテンポのマルチトラックセットにまとめられます。スマートテンポのマルチトラックセットは以下のいずれかの方法で作成できます:

  • 「Logic Pro」でマルチトラックオーディオ録音を作成します。

  • 一連のマルチトラック・オーディオ・ファイルをトラック領域にドラッグします。

  • 既存のオーディオリージョンからスマートテンポのマルチトラックセットを作成します。

図。マルチトラック・オーディオ・ファイルが追加されたLogic Proプロジェクト

スマートテンポのマルチトラックセットを作成または編集するときは、「Logic Pro」によって以下の処理が行われます:

  • マルチトラックセット内のオーディオファイルのダウンミックスを作成する

  • ダウンミックスをスマートテンポ解析する

  • スマートテンポ解析の結果をマルチトラックセット内のすべてのオーディオファイルに書き込む

ダウンミックスは、「スマートテンポのマルチトラック」ウインドウで「解析対象」チェックボックスが選択されているマルチトラック・オーディオ・ファイルから作成されます。ダウンミックスのスマートテンポ解析結果は、スマートテンポのマルチトラックセット内のすべてのファイルに適用されます。ダウンミックスのスマートテンポ解析はスマート・テンポ・エディタで表示および編集でき、その編集内容はマルチトラックセット内のすべてのファイルに適用されます。詳しくは、スマート・テンポ・エディタで作業するを参照してください。

「Logic Pro」でマルチトラックオーディオ録音を作成する

  1. 録音前に、以下の条件のいずれかまたはすべてが当てはまることを確認します:

    • プロジェクト・テンポ・モードがAdaptに設定されている

    • 「Flexとフォロー」リージョンパラメータが「オン+小節を揃える」または「オン+小節とビートを揃える」に設定されている

  2. 複数のオーディオトラックに同時に録音するの手順に従って、複数のオーディオトラックに録音を行います。

マルチトラック・オーディオ・ファイルをトラック領域に追加する

一連のマルチトラックファイルをトラック領域に追加し、それらを1つのマルチトラックセットとしてまとめて解析できます。マルチトラックファイルを作成するときは、同じテンポで同時に演奏および録音し、開始位置を揃える必要があります。

  1. 一連のマルチトラック・オーディオ・ファイルをトラック領域にドラッグします。

  2. 「選択したファイルをトラックに追加」ダイアログで、「新規トラックを作成」ボタンまたは「既存のトラックを使用」ボタンのいずれかが選択されていることを確認します。

  3. 「選択したファイルはすべて1つのプロジェクトからのステム」チェックボックスを選択して、「OK」をクリックします。

選択したオーディオリージョンからスマートテンポのマルチトラックセットを作成する

トラック領域で、スマートテンポのマルチトラックセットに含めるオーディオリージョンを選択できます。リージョンは、同じテンポで同時に演奏および録音し、開始位置を揃えたファイルから選択する必要があります。

  1. スマートテンポのマルチトラックセットに含めるオーディオリージョンを選択します。

  2. 以下のいずれかの操作を行います:

    • 「編集」>「テンポ」>「スマートテンポのマルチトラックセットを作成」と選択します。

    • Controlキーを押しながら、選択したリージョンのいずれかをクリックして、ショートカットメニューから「テンポ」>「スマートテンポのマルチトラックセットを作成」と選択します。

  3. 「スマートテンポのマルチトラック」ウインドウで、セットに含めるすべてのファイルが「ファイル」リストに表示されていることを確認して、「解析」をクリックします。

「スマートテンポのマルチトラック」ウインドウでは、マルチトラックセットに含めるオーディオファイルを確認したり、マルチトラックセットからファイルを削除するなどの操作ができます。

スマートテンポのマルチトラックセットを編集する

マルチトラックセットに含まれるファイルを追加または削除したり、スマートテンポ解析の対象にするオーディオファイルを変更したりできます。始めからやり直したい場合は、マルチトラックセットを解消することもできます。

スマートテンポ解析の結果を適用したいが解析に含めてもあまり意味のないオーディオファイルがある場合は、特定のファイルを解析対象から除外できます。たとえば、バンド演奏のマルチトラック録音にシンセエフェクトのトラックが含まれ、解析結果はこのトラックにも適用したいが、解析の精度を低下させないためにこのトラックからダウンミックスを作成するのは避けたい場合に便利です。

  1. Controlキーを押しながら、セットに含まれる1つ以上のオーディオリージョンをクリックします。

  2. ショートカットメニューから「テンポ」>「スマートテンポのマルチトラックセットを編集」と選択します。

    「スマートテンポのマルチトラック」ウインドウが開き、スマートテンポのマルチトラックセットに現在含まれているファイルが表示されます。

    図。マルチトラックセットに含まれるオーディオファイルが表示された「スマートテンポのマルチトラックセット」ウインドウ。
  3. 以下のいずれかの操作を行います:

    • マルチトラックセットにオーディオファイルを追加するには: 「スマートテンポのマルチトラックセット」ウインドウを閉じ、追加したいファイルを選択してから、ウインドウを再度開きます。

    • マルチトラックセットからオーディオファイルを削除するには: 削除するオーディオファイルの行を選択して、DeleteキーまたはBackspaceキーを押します。

    • スマートテンポのマルチトラック解析の対象にするオーディオファイルを設定するには: 対象外にするオーディオファイルのチェックボックスの選択を解除します。

    • マルチトラックセットを解消するには: 「セットを解消」をクリックします。

  4. 変更を適用してスマートテンポのマルチトラック解析を開始するには、「解析」をクリックします。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?