MainStage: EXS24 mkIIのピッチパラメータ

EXS24 mkIIのピッチパラメータ

EXS24 mkIIのピッチパラメータを使用すると、現在読み込まれているサンプラー音源のチューニングとトランスポーズを調整できます。

図。ピッチパラメータ。

ピッチパラメータ

  • 「Transpose」フィールド: EXS24 mkIIを半音単位でトランスポーズします。これはピッチに影響を及ぼすだけでなく、指定された値の分だけゾーンを移動します。

  • 「Random」ノブ: 各ボイスに適用されるランダムデチューンの量を設定します。このパラメータを使用して、アナログシンセサイザーらしいチューニングの揺らぎをシミュレートしたり、サウンドを厚くしたりすることができます。「Random」は、各種の弦楽器をエミュレートする際にも効果的です。

  • 「Tune」ノブ: サンプラー音源のピッチを半音単位で増減させます。中央位置(上部にある小さい0のボタンをクリックします)では、ピッチの変化が起きません。

  • 「Remote」フィールド: 遠隔操作によってインストゥルメント全体のピッチをリアルタイムで変更します。元のピッチ(基準ピッチ)として使用されるキーをMIDIキーボードで定義できます。基準ピッチの設定後は、基準ピッチのキーの上下1オクターブの範囲にあるキーを鳴らすと、サンプルはトリガされず、音源全体のピッチが変更されます。これはピッチベンド機能に似ていますが、半音単位にクオンタイズされる点が異なります。

  • 「Fine」ノブ: サンプラー音源のチューニングをセント(半音の100分の1)単位で調整します。このパラメータを使用すると、サンプルの微妙なチューニングの「ずれ」を修正したり、厚みのあるコーラスのような効果を得たりすることができます。

  • 「Pitch Bend Up/Down」ポップアップメニュー: ピッチベンドの上限と下限を半音単位で設定します。値が0だと、ピッチベンドが無効になります。

    注記:「Pitch Bend」の下限ポップアップメニューで「Linked」を選択すると、ベンド範囲は両方の方向で同じです。たとえばベンドの上限に4半音を割り当てると、ベンドの下限も4半音に設定されます。そのため、両方を合わせたベンド範囲は8半音(標準ピッチ、つまり「ベンドなし」位置を含めると9半音)になります。

  • 「Glide」および「Pitcher」スライダ: ある音符から次の音符の高さまで徐々に変化するのに要する時間を「Glide」で設定します。「Glide」の動作は、「Pitcher」パラメータ設定によって変わります。

    • 「Pitcher」スライダが中央にあるときは、あるノートから別のノートに滑らかにピッチが移動する時間(ポルタメント時間)を「Glide」スライダで設定します。

    • 「Pitcher」スライダが中央より上にあるときは、ピッチがその高い値から通常のピッチの値に戻るまでの時間を「Glide」スライダで設定します。

    • 「Pitcher」スライダが中央より下にあるときは、ピッチがその低い値から通常のピッチの値に戻るまでの時間を「Glide」スライダで設定します。

      「Pitcher」は、ベロシティによるモジュレートが可能です。スライダの上半分で最大ベロシティ、下半分で最小ベロシティを設定します。2つのスライダの間の領域をドラッグすると、両方のスライダを同時に動かすことができます。「Pitcher」スライダの上半分を中央より上、下半分を中央より下に設定した場合、ベロシティが低いノートのピッチはスライダで設定した低い値から本来のピッチまで上昇し、ベロシティが高いノートのピッチはスライダで設定した高い値から本来のピッチまで下降します。「Pitcher」スライダの両半分が中央より上または下にあると、ベロシティの高低にかかわらず、ピッチはスライダで設定した値から本来のピッチまで下降または上昇します。この場合、スライダの各半分とスライダの中央位置との距離を調整することによって、ノートが本来のピッチまで上昇または下降する速度をベロシティの強弱に合わせて個別に設定できます。

    注記:「legato」モードでは、「Glide」はタイで連結されたノートでのみ有効になり、タイで連結されたノートを演奏してもエンベロープはトリガされません。つまり、ノートがタイでつながれている間はエンベロープは1回しかトリガされません。「mono」モードでは、「Glide」は常に有効になり、ノートを演奏するたびにエンベロープがトリガされます。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?