MainStage: MultiMeterの概要

MultiMeterの概要

MultiMeterでは高機能なメーター類や分析ツールが1つのウインドウに表示されます。以下のメーター/ツールが含まれます:

  • 1/3オクターブまたはメジャーセカンド周波数帯ごとのレベルを表示するAnalyzer

  • ステレオ・サウンド・フィールドの位相の一貫性を判断するためのGoniometer

  • 各チャンネルの信号レベルと聴感上のラウドネスを表示するためのLevel MeterとLoudness Meter(AES 128仕様に準拠)。

  • モノラル位相の互換性を検証するCorrelation Meter

  • 「Peak」パラメータ

メインディスプレイ領域には、AnalyzerまたはGoniometerのいずれかの結果を表示することができます。モードを切り替えたりパラメータを設定したりするときは、「Analyzer」または「Goniometer」ボタンを使用します。Loudness/LevelおよびCorrelationメーターは、いくつかの共通パラメータと同様に、常にFullディスプレイで表示されます。

プラグインウインドウ下部の隅をドラッグすることでサイズを設定できます。「View」ポップアップメニューには、部分表示または完全なプラグインインターフェイスを表示する、「Display」、「Meters」、または「Full」項目が表示されます。モードを切り替えるには、部分表示が有効のときにControlキーを押しながらメインディスプレイをクリックします。

図。MultiMeterウインドウ。主なインターフェイス領域が表示されている。

MultiMeterは特定のチャンネルストリップに直接挿入できますが、ミックス全体を操作する場合は MainStage 3のマスター・チャンネル・ストリップで使うのが一般的です。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?