MainStage: トラッキングオシレータのピッチパラメータを使用する

トラッキングオシレータのピッチパラメータを使用する

トラッキングオシレータのピッチパラメータでは、トラッキングオシレータの自動ピッチ補正機能を制御します。これらのパラメータを使うと、スケールまたはコードに合わせてトラッキングオシレータのピッチを制限できます。これにより細かなピッチ補正から大幅なピッチ補正まで処理することができ、シンバルやハイハットなど高いハーモニックのピッチ補正されていない素材に対してもクリエイティブな使いかたができます。

図。トラッキングオシレータのピッチパラメータ。

トラッキングオシレータのピッチパラメータ

  • 「Pitch Quantize Strength」スライダ: 自動ピッチ補正の強さを指定します。

  • 「Pitch Quantize Glide」スライダ: ピッチ補正に必要な時間量を設定し、クオンタイズしたピッチへの移行を円滑にします。

  • 「Root/Scale」のキーボード: クリックして、トラッキングオシレータをクオンタイズする際の基準となるピッチ(複数可)を指定します。

  • 「Root/Scale」ポップアップメニュー: 「Scale」という文字の下をクリックして、トラッキングオシレータをクオンタイズする際の基準となるスケールを選択します。

    注記:このパラメータには「Root」と「Scale」の2つのフィールドがあります。「Root」(ルートキー)は、ポップアップメニューで選択したスケールに関係なく変更できます。

  • 「Max Track」フィールド: 最も高い周波数を設定します。このしきい値を上回るすべての周波数成分はカットされ、ピッチ検出の正確さが増します。ピッチ検出の結果が不安定な場合は、このパラメータをできる限り低い値に設定し、該当するすべての入力信号を聴いたり処理したりできるようにします。

ルートまたはスケールを選択する

  1. 「Scale」という文字の下にある緑色の値フィールドをクリックすると、ポップアップメニューが表示されます。

  2. ピッチ補正のベースとなるスケールまたはコードを選択します。

注記:「Root」(キー)フィールドを縦方向にドラッグするか、ルートノートをダブルクリックしてCとBとの間にルートキーを入力し、選択したスケールまたはコードのルートキーを設定することもできます。「Root」パラメータは、「Root/Scale」値が「chromatic」または「user」に設定されている場合には使用できません。

選択したスケールまたはコードにノートを追加する/選択したスケールまたはコードからノートを削除する

  • スケールまたはコードにノートを追加するには: 小型キーボードの使われていないキーをクリックすると、キーが緑色で強調表示されます。

  • スケールまたはコードからノートを削除するには: 選択されているノートをクリックすると、ノートが強調表示されなくなります。

    ヒント:最後に編集した内容は保存されます。新しいスケールやコードを選択した場合に変更を加えなければ、以前設定したスケールに戻ることができます。これには、「Root/Scale」ポップアップメニューから「user」を選択します。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?