MainStage: Amp Designerの概要

Amp Designerの概要

Amp Designerは20を超える有名なギターアンプのサウンドと、それらで使用されるスピーカーキャビネットをエミュレートします。構成済みの各モデルにはアンプ、キャビネット、およびEQが組み合わされており、有名なギターサウンドを再現します。ギターの信号を直接処理できるので、これらのアンプシステムを通じて演奏したギターのサウンドを再現することができます。Amp Designerは、サウンドのデザインや処理の実験にも利用できます。これは別の音源にも使うことができるため、たとえばギターアンプの音響特性をトランペットやボーカルのパートに適用することも可能です。

Amp Designerでエミュレートされているアンプ、キャビネット、EQをさまざまに組み合わせて音色を変えることができます。エミュレートされているアンプとキャビネットの信号は、仮想マイクを使って取り込まれます。マイクは7種類の中から選ぶことができ、位置を変えられます。また、Amp Designerは、スプリングリバーブ、ビブラート、トレモロなどの従来のギター・アンプ・エフェクトもエミュレートしています。

Amp Designerのインターフェイスは、4つの主なパラメータセクションに分かれています。

図。Amp Designerウインドウ。主なインターフェイス領域が表示されている。
  • 「Model」パラメータ: ウインドウの下部にある「Model」ポップアップメニューから、アンプ、キャビネット、EQの種類、マイクの種類が決められた構成済みモデルを選択します。別のポップアップメニューを使うと、アンプ、キャビネット、マイクの種類を個別に選択できます。独自のAmp Designerコンボを作成するを参照してください。

  • 「Amp」パラメータ: ノブセクションの両端にあります。これらのパラメータを使って、アンプの入力ゲイン、プレゼンス、出力レベルを設定します。Amp Designerのアンプコントロールを参照してください。

  • エフェクトパラメータ: ノブセクションの中央にあります。これらのパラメータを使うと、統合されたエフェクトを制御できます。Amp Designerのエフェクトの概要を参照してください。

  • マイクパラメータ: インターフェイスの右端にあります。これらのパラメータでは、アンプとキャビネットのサウンドを取り込むマイクの種類と位置を設定します。Amp Designerのマイクパラメータを参照してください。

  • 「Output」スライダ: 「Output」スライダ(インターフェイスを縮小表示している場合は「Output」フィールド)は、インターフェイスの右下隅にあります。これはAmp Designerの最終レベルコントロールとして機能し、チャンネルストリップの次のインサートスロットや、直接チャンネルストリップ出力に送られる出力のレベルを設定するのに使用します。

    注記:このパラメータは「Master」コントロールとは別のもので、2つの目的で使用されます。1つにはサウンドデザインのため、もう1つにはアンプセクションのレベルを制御するためです。

インターフェイスを全面表示と縮小表示とで切り替える

  • ウインドウのサイズ: インターフェイスを全面表示と縮小表示とで切り替えるには、開閉用三角ボタンをクリックします。

    縮小表示でも、マイクの選択と配置を除くすべてのパラメータにアクセスできます。

    図。全面表示と縮小表示での開閉用三角形。

Amp Designerのモデルを選択する

「Model」ポップアップメニューを使うと、構成済みモデルを選択できます。また、「Amp」、「Cabinet」、および「Mic」ポップアップメニューを使って、カスタマイズしたモデルを作成することもできます。独自のAmp Designerコンボを作成するを参照してください。選択内容はポップアップメニューに表示されるほか、メニューの上のディスプレイにも画像で表示されます。たとえば、「Cabinet」ポップアップメニューから「Tweed 4X10」を選択すると、10インチスピーカーが4個搭載されたTweedキャビネットがディスプレイの右側に表示されます。

  • 「Model」ポップアップメニュー: アンプ、キャビネット、EQタイプ、マイクの種類が決められた構成済みモデルを選択します。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?