MainStage: Flangerエフェクト

Flangerエフェクト

FlangerエフェクトはChorusエフェクトと似たような動作をしますが、かなり短いディレイ時間を使います。また、エフェクト信号をディレイラインの入力にフィードバックすることも可能です。

フランジングは通常、浮遊感や水中にいるような感じを出したいときに使用します。

図。Flangerエフェクトウインドウ

Flangerのパラメータ

  • 「Sync」ボタン: モジュレーション速度をプロジェクトテンポに同期します。「Rate」ノブで音符の値を選択します。

  • 「Rate」ノブ/フィールド: LFOの周波数(速度)を設定します。

  • 「Intensity」ノブ/フィールド: モジュレーションの量を設定します。

  • 「Feedback」ノブ/フィールド: 入力に戻されるエフェクト信号の量を設定します。この設定を調節して、音色を変えたり、スイープエフェクトを強調したりできます。「Feedback」を負の値にすると、戻された信号の位相が反転します。

  • 「Mix」ノブ/フィールド: ドライ信号とウェット信号のバランスを設定します。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?