MainStage: Sample Delay

Sample Delay

Sample Delayは、エフェクトというよりはユーティリティに近いものです。これを使うと、単独のサンプル値のみでチャンネルにディレイをかけることができます。

Sample Delayは、Gainエフェクトの位相反転機能と一緒に使用した場合、マルチ・チャンネルのマイクで発生するタイミングの問題を修正するのに役立ちます。また、ステレオマイクのチャンネルセパレーションをエミュレートするという、クリエイティブな使いかたも可能です。

1回のサンプル(周波数44.1 kHzの場合)は、音波が7.76ミリメートル進むのにかかる時間と同じです。ステレオマイクの片方のチャンネルに13サンプル分のディレイをかけると、2本のマイクが10センチメートル離れている状態がエミュレートされます。

図。Sample Delayウインドウ。

Sample Delayのパラメータ

  • 「Delay」ノブ(L/R)/フィールド: 入力信号にディレイをかけるサンプルの数またはミリ秒を指定します。

  • 「Link L & R」ボタン: オンにすると、左右のチャンネルでサンプルの数が同じになります。一方のチャンネルの値を調整すると、他方のチャンネルも調整されます。

  • 「Unit」ボタン: 「Delay」ノブの外観と動作およびフィールド値を変更するときは、「Samples」または「ms」を選択します。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?