MainStage: Vocal Transformerを使う

Vocal Transformerを使う

演奏のピッチのみ、またはピッチとフォルマントを変えることができます。Robotizeモードを使うと、旋律の音程を広げたり狭めたりできます。

Vocal Transformerの「Pitch」と「Formant」パラメータを使う

  • 信号のピッチを上下にトランスポーズするには: 「Pitch」ノブを回します。調整は半音刻みで行われます。入力ピッチは「Pitch Base」フィールド下の縦線で示されます。

    5度上(Pitch =+7)、4度下(Pitch =- 5)、または1オクターブ上下(Pitch =±12)のトランスポーズが、和声的には最も有用です。

    図。「Pitch」パラメータと「Formant」パラメータ

    「Pitch」パラメータを変更しても、フォルマントは変わりません。

    「Pitch」パラメータは音声の特性ではなくピッチを変更するために使用されます。女声のソプラノについて負のピッチ値を設定すれば、そのシンガーの声の特性を変えずにアルトにすることができます。

  • ピッチを変えないか個別に変えるようにしてフォルマントをシフトするには: 「Formant」ノブを回します。このパラメータに正の値を設定すると、ミッキーマウスのような歌声になります。このパラメータの値を小さくすると、「スター・ウォーズ」のダースベイダーを思わせるサウンドエフェクトを実現できます。

    ヒント:「Pitch」を0、「Mix」を50 %、「Formant」を+1(「Robotize」はオフ)にすると、元の歌い手の横に少し小さな歌い手が並んでいる状態を作り出すことができます。2人の歌い手はほぼ同じ声で合唱します。声のダブリングは非常に効果的で、「Mix」パラメータで簡単にレベルを調整することができます。

Vocal TransformerのRobotizeモードを使う

  1. 「Robotize」ボタンをクリックしてRobotizeモードを有効にします。このモードでは、旋律を広げたり狭めたりすることができます。

    図。「Robotize」パラメータ

    「Tracking」パラメータを使うと、元の音からの離れ具合を調整できます。

  2. 以下のボタンのいずれかをクリックします。これにより、特徴的な効果が出る値に「Tracking」スライダをすばやく設定できます:

    • 「−1」ボタン: スライダを-100 %に設定します。すべての音程が逆になります。

    • 「0」ボタン: スライダを0%に設定します。ボーカルトラックのすべての音が同じピッチで歌われるという面白い結果が得られます。この値を小さくすると、歌われている旋律が話し声のようになります。

    • 「1」ボタン: スライダを100%に設定します。旋律の範囲が維持されます。値が大きくなると旋律が広がり、値が小さくなると旋律が狭まります。

    • 「2」ボタン: スライダを200%に設定します。音程が倍になります。

    「Pitch Base」パラメータは、「Tracking」パラメータが基準とするノートのトランスポーズに使います。たとえば「Tracking」を0 %にすると、選択した基準ピッチの値にノート(声)のピッチがトランスポーズされます。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?