MainStage: EVOC 20 Filterbankの出力パラメータ

EVOC 20 Filterbankの出力パラメータ

出力パラメータでは、全体的な出力レベルとステレオ幅を操作します。出力セクションには、内蔵のオーバードライブ(ディストーション)回路もあります。

図。出力パラメータ。

出力パラメータ

  • 「Overdrive」ボタン: オーバードライブ回路のオン/オフを切り替えます。

    注記:オーバードライブサウンドを鳴らすには、一方または両方のフィルタバンクのレベルブーストが必要になることがあります。

  • 「Level」スライダ: 出力信号の音量を設定します。

  • 「Stereo Mode」ポップアップメニュー: 入力/出力モードを選択します。

    • 「s/s」モード(ステレオ入力でステレオ出力)の場合、左右のステレオチャンネルは別々のフィルタバンクで処理されます。

    • 「m/s」モード(モノ入力でステレオ出力)の場合、ステレオ入力信号はまずモノにまとめられてからフィルタバンクに送られます。

  • 「Stereo Width」ノブ: フィルタ帯域の出力信号をステレオフィールドへ配分します。

    • 左いっぱいに回して0に設定すると、全帯域の出力信号が中央から聞こえてくるようになります。

    • 一番上の中央位置では、すべての帯域の出力が左から右に上昇します。

    • 右いっぱいに回すと、左右のチャンネルから各帯域が交互に出力されます。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?