MainStage: ES2オシレータのレベルバランスを設定する

ES2オシレータのレベルバランスを設定する

三角領域内のポインタの位置は、2つのパラメータ(x座標とy座標)で表されます。これらのパラメータを使って、オシレータのミックスをオートメーション化できます。これらのパラメータ、「OscLevelX」と「OscLevelY」は、ルーターでターゲットとして選択できます。

三角領域内のポインタをドラッグして、3つのオシレータ間のクロスフェード(レベルの相対関係)を設定します。これは直感的に操作できます。三角形のある辺に沿ってポインタを動かせば、近接した2つのオシレータの出力信号がクロスフェードされます。残りの1つのオシレータは無音になります。

図。オシレータミックス(三角領域)。

三角領域内のポインタ(xy座標)の位置は、ベクトルエンベロープでも制御できます。ベクトルエンベロープはループ機能を備えているため、プログラム可能な波形でこれを擬似LFOとして使うことができます。この機能について詳しくは、ベクトルエンベロープを使用するを参照してください。

モジュレーションホイールを使って三角座標をモジュレートする

  1. モジュレーション経路を、ターゲット「OscLevelX」、ソース「ModWhl」に設定します。強さを調整します。

  2. 2つ目のモジュレーション経路を、ターゲット「OscLevelY」、ソース「ModWhl」に設定します。強さを調整します。これらのターゲットに対してほかのソースを選択することもできます。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?