MainStage: 変調波と搬送波の概要

変調波と搬送波の概要

FM方式のシンセサイザーでは、変調波と搬送波のオシレータでさまざまなチューニングレシオを設定したり、FM強度を変更したりすることで基本的なサウンドを生成します。チューニングレシオにより基本的な倍音構造が決まり、FM強度により倍音の音量レベルが決まります。

EFM1合成システムの心臓部には、さまざまな波形を備えた変調波(Modulator)オシレータと、サイン波の搬送波(Carrier)オシレータがあります。搬送波オシレータの基本的なサイン波は、純粋な無個性のトーンです。

音響的に興味深いものにするために、変調波オシレータを使って搬送波の周波数変調を行います。この変調は可聴周波数帯域で行われ、聞き取り可能な多数のハーモニックが生成されます。

搬送波オシレータの純粋なサイン波は、新たに生成されたハーモニックと組み合わされて、サウンドが興味深いものになります。

2つのオシレータの比率を調整するには、「Modulator」と「Carrier」の両方にある「Harmonic」パラメータを使用します。微調整は「Fine」パラメータで行います。

図。「Modulator」と「Carrier」パラメータ。

「Modulator」パラメータ

  • 「Harmonic」ノブ: 変調波(左)と搬送波(右)のオシレータ間のチューニングレシオを調整します。EFM1のチューニングレシオを設定するを参照してください。

  • 「Fine」ノブ: 2つのオシレータの「Harmonic」ノブで合わせたチューニングレシオをさらに調整します。ハーモニックを± 0.5の範囲で制御できます。中央(0)にノブを合わせると、「Fine」の効果はまったくなくなります。「0」という目盛の部分をクリックしても「Fine」ノブを中央に合わせられます。デチューンの量に応じて、次のいずれかが聞こえます:

    • 微妙な「うなり」(デチューンの量が小さめの場合)。

    • 協和/非協和部音(デチューンの量が大きめの場合)。

  • 「Wave」ノブ: 変調波オシレータ用に別の波形を選択します。EFM1変調波に異なる波形を選択するを参照してください。

  • 「FM」(強度)ノブ: 変調波オシレータによって搬送波オシレータの周波数を変化させる度合いを設定します。「FM」ノブを調整すると、倍音の強さと数が増して、輝きのある響きになります。

    注記:実際の処理は違うのですが、アナログシンセサイザーの「Filter Cutoff」と似た働きのパラメータと考えれば分かりやすいでしょう。

「Carrier」パラメータ

  • 「Harmonic」ノブ: 変調波と搬送波のオシレータ間のチューニングレシオを調整します。EFM1のチューニングレシオを設定するを参照してください。

  • 「Fine」ノブ: 2つのオシレータの「Harmonic」ノブで合わせたチューニングレシオをさらに調整します。ハーモニックを± 0.5の範囲で制御できます。中央(0)にノブを合わせると、「Fine」の効果はまったくなくなります。「0」という目盛の部分をクリックしても「Fine」ノブを中央に合わせられます。デチューンの量に応じて、次のいずれかが聞こえます:

    • 微妙な「うなり」(デチューンの量が小さめの場合)。

    • 協和/非協和部音(デチューンの量が大きめの場合)。

  • 「Fixed Carrier」ボタン: 搬送波周波数をキーボード、ピッチベンド、LFOモジュレーションから切り離します。搬送波のトーンがこれらのモジュレーションソースの影響を受けなくなります。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?