MainStage: ES2のフィルタ1のモード

ES2のフィルタ1のモード

フィルタ1は、特定の周波数帯域をどのように消去または強調するか、モードを切り替えることができるようになっています。

図。フィルタ1のモードボタン。

以下のいずれかのボタンをクリックして、フィルタ1のモードを選択します:

  • 「Lo」(ローパス): カットオフ周波数よりも低い周波数を通過させます。フィルタ1のスロープは、12 dB/Octに固定されます。

  • 「Hi」(ハイパス): カットオフ周波数よりも高い周波数を通過させます。フィルタ1のスロープは、12 dB/Octに固定されます。

  • Peak: フィルタ1はピークフィルタとして機能します。このフィルタ・タイプにすると、周波数帯域内のレベルが上がります。周波数帯域の中心は「Cut」パラメータにより決まります。帯域の幅は、「Res」パラメータを使って調整します。

  • 「BR」(バンド阻止): カットオフ周波数を中心としたある幅の周波数帯域を阻止し、その外側の成分のみを通します。この周波数帯域の幅は、「Res」パラメータで決まります。

  • 「BP」(バンドパス): カットオフ周波数付近の周波数成分のみを通します。それ以外の周波数はすべて遮断されます。この周波数帯域の幅は、「Res」パラメータで決まります。バンドパスフィルタは、中心周波数の両側でスロープが6 dB/Octである、ローパスフィルタとハイパスフィルタを組み合わせたものと考えることもできます。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?