MainStage: EXS24 mkIIの「via」のソースを使う

EXS24 mkIIの「via」のソースを使う

ターゲットとソースで構成される基本的なモジュレーション経路では、経路の右側にある強度スライダの矢印を上下にドラッグすることで、モジュレーションの固定強度を設定できます。このスライダの値は、常に一定のモジュレーションの強度を指定します。

モジュレーションの強さそのものもモジュレートできます。  「via」で、モジュレーションの強さを制御する別のモジュレーションソースを定義します。

「via」ポップアップメニューでオフ(「---」)以外の値を指定すると、強度スライダが上下に分かれ、それぞれに専用の矢印が表示されます。

  • スライダの下半分では、「via」のコントローラ(モジュレーションホイールなど)を最小値に設定したときの、モジュレーションの強さの最小値を設定します。

  • スライダの上半分では、「via」のコントローラを最大値に設定したときの、モジュレーションの強さの最大値を設定します。

  • この2つのスライダで設定した値の範囲内で「via」のコントローラのモジュレーション範囲が上下することになります。

「via」のモジュレーションソースが含まれるモジュレーション経路を作成する

  1. モジュレートするターゲットパラメータを「Dest」ポップアップメニューから選択します。

    図。モジュレーションルーターの「Dest」および「Src」ポップアップメニュー。
  2. 「Src」ポップアップメニューからモジュレーションソースを選択します。

  3. 「via」ポップアップメニューから、モジュレーションの強度を制御するためのモジュレーションソースを選択します。

  4. 強度スライダの上側をドラッグして、モジュレーションの最大強度を設定します。

    図。モジュレーションルーターの最大強度スライダ。
  5. 強度スライダの下側をドラッグして、モジュレーションの最小強度を設定します。

    図。モジュレーションルーターの最小強度スライダ。

「via」の範囲全体を移動する

  • 上側と下側の強度スライダの間の領域(範囲)を上下にドラッグします。

    図。強度スライダの上側と下側の間の領域。

    両方の矢印が同時に移動します。

    ヒント:この領域が小さすぎてドラッグできない場合は、強度スライダの未使用部分をドラッグするだけで領域を移動できます。

モジュレーションの強さをゼロに設定する

  • 強度スライダコントロールの途中にある、小さい「0」のマークをクリックします。

    図。強度スライダの小さい「0」のマーク。

「via」のモジュレーションソースのエフェクトを反転する

  • 「inv」をクリックすると、「via」のモジュレーションソースのエフェクトが反転します。

    図。モジュレーションルーターの「inv」ボタン。
公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?