MainStage: Sculptureのランダマイズ・メニュー・コマンド

Sculptureのランダマイズ・メニュー・コマンド

Controlキーを押したまま「Rnd」ボタンをクリックすると、ショートカットメニューが開きます。このショートカットメニューには、「Rnd」ボタンと「Int」スライダでランダマイズされるパラメータを指定するためのコマンドが含まれています。

図。ランダマイズ・ショートカット・メニュー。

ランダマイズのメニューコマンド

  • All morphable parameters: 以下のグループのパラメータがすべてランダマイズされ、風変わりなサウンドを得ることができます。面白い結果が得られますが、制御は不能です。これは、「Sculptureの「Morph」パッドのポイントをランダマイズする」で説明したサウンドの「繁殖」の用途には適しません。

  • All except TensMod: 「All morphable parameters」と同じですが、「Tension Mod」パラメータはランダマイズから除外されます。

  • String Material/Media: 「Material」パッドでの位置、「Stiffness」、「Inner Loss」、「Media Loss」、「Resolution」、「Tension Mod」の各パラメータがランダマイズに含まれます。

  • Objects&Pickups: ランダマイズを使用するときに、オブジェクトとピックアップに加えて、さまざまなオブジェクトパラメータを変更します。

  • WaveShaper&Filter: ランダマイズを使用するときに、Waveshaperとフィルタのすべてのパラメータの位置を変更します。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?