MainStage: Velocity Processorの概要

Velocity Processorの概要

Velocity Processor MIDIプラグインは、受信したMIDIベロシティイベント(ノートオンおよびノートオフ)をリアルタイムで処理します。そのほか、ベロシティを圧縮および伸張することもできます。

図。Velocity Processorのグローバルパラメータ。

Velocity Processorのグローバルパラメータ

  • 「Process」ボタン: いずれかのボタンをクリックすると、MIDIノート・オン・ベロシティとMIDIノート・オフ・ベロシティの一方が処理されます。両方のボタンを同時にアクティブにすることもできます。

  • 「Mode」ポップアップメニュー: ベロシティの処理モードを選択します。選択したモードによって、使用できるパラメータは異なります。

    • Comp./Exp.: Velocity ProcessorのComp./Exp.モードにすると、このプラグインはオーディオコンプレッサーのように機能します。

    • Value/Range: Velocity ProcessorのValue/Rangeモードにすると、このプラグインはオーディオリミッターのように機能します。

    • Add/Scale: Velocity ProcessorのAdd/Scaleモードでは、このプラグインは、受信したMIDIベロシティメッセージの値を伸縮、加算、または低減させます。

    • 「Note Range Min」および「Note Range Max」スライダ(拡張パラメータ): 左下にある開閉用三角ボタンをクリックすると、拡張パラメータが開きます。スライダを動かして、入力ノートの範囲を設定します。入力ノートの範囲内にあるノートは処理されます(デフォルトの範囲: 1-127)。入力ノートの範囲外のノートは処理されません。

      注記:「Input Min」スライダと「Input Max」スライダの値を交差させると入力ノート範囲での動作が逆になり、範囲内にあるノートイベントは処理されず、範囲外のノートイベントのベロシティが処理されるようになります。

    • 「Range Learn」チェックボックス(拡張パラメータ): 「Learn」モードをオンにしてからMIDIキーボードの(低い)キーを弾くと、「Input Min」の値が設定されます。(高い)キーを弾くと「Input Max」の値が設定されます。

      両方のキーを弾いた後は自動的に「Learn」モードがオフになり、「Range Learn」チェックボックスの選択が解除されます。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?