MainStage: Sculptureのディレイエフェクトの概要

Sculptureのディレイエフェクトの概要

これは、プロジェクトのテンポに同期可能なステレオ ディレイです。自由に(同期させずに)実行するように設定することもできます。「Delay」セクションには、ディレイに関する全般的なパラメータとグルーブ(ディレイタイミング)パッドが用意されています。

図。ディレイパラメータ。

ディレイ・エフェクト・パラメータ

  • ディレイのオン/オフボタン: ディレイエフェクトのオン/オフを切り替えます。

  • 「Wet Level」ノブ: ディレイ出力のレベルを設定します。

  • 「Feedback」ノブ: ディレイユニットの出力チャンネルからディレイユニットの入力チャンネルに戻されるディレイ信号の量を設定します。負の値だと、逆相のフィードバックになります。

  • 「Xfeed」ノブ: ディレイユニットの左出力チャンネルから右入力チャンネルへ、および右出力チャンネルから左入力チャンネルへ送られるディレイ信号の量を設定します。負の値だと、クロスフィードされた信号の逆相フィードバックになります。

  • 「LoCut」スライダ: ディレイラインの出力/フィードバックループでのハイパスフィルタのカットオフ周波数を設定します。

  • 「HiCut」スライダ: ディレイラインの出力/フィードバックループでのローパスフィルタのカットオフ周波数を設定します。

  • 「Groove」パッド: ステレオインスタンスのディレイ時間をグラフィカルに調整します。Sculptureの「Groove」パッド(ステレオ)を参照してください。

  • 「Input Balance」スライダ: 信号成分を一切失うことなく、ディレイ入力のステレオセンターを左または右に移動します。これは、ピンポンディレイを得たい場合に最適です。

  • 「Delay Time」スライダ/フィールド: ディレイ時間を設定します。1/4や1/4t(1/4三連符)のように音符の値で指定することも(後述の「sync」ボタンを参照)、ミリ秒で指定することもできます。

  • 「sync」ボタン: テンポに同期したディレイモードかテンポに依存しないディレイモードを設定します。

  • 「Output Width」スライダ: ウェット信号のステレオ成分を変化させます。値が0.0だと、モノ出力になります。値が1.0だと、フルステレオ出力になります。左側のディレイライン出力チャンネルはパンが左に振り切られ、右側のディレイライン出力チャンネルはパンが右に振り切られますが、ステレオのセンターは変わりません。

    注記:このパラメータは、パンを左右に振り切った「ピンポン」パンを使わずに、両チャンネルで純粋なディレイグルーブを実現するために主に使用します。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?