MainStage: Adaptive Limiter

Adaptive Limiter

Adaptive Limiterは、聴感上のサウンドのラウドネスを制御するための、応用範囲の広いツールです。信号のピークを和らげながら、アナログアンプをハードにドライブしたような効果を生み出します。アンプと同様に、信号のサウンドにやや色を付ける結果にもなります。Adaptive Limiterを使用すると、信号が0 dBFSを超えたときに発生する不要な歪みやクリッピングを生じることなく、最大のゲインが得られます。

Adaptive Limiterは一般的に最終ミックスで使用しますが、ミックスのラウドネスを最大にするため、Multipressorなどのコンプレッサーの後ろ、最終ゲイン調整の前に配置することも可能です。Adaptive Limiterを使用すると、ノーマライズした信号よりも音量の大きいミックスを作成できます。

注記:「Lookahead」パラメータを選択した状態でAdaptive Limiterを使用するとレイテンシが発生します。通常、このエフェクトは録音時に使用するのではなく、あらかじめ録音されたトラックのミキシングやマスタリングに使用するようにしてください。録音時にはAdaptive Limiterをバイパスするようにします。

図。Adaptive Limiterウインドウ。

Adaptive Limiterのパラメータ

  • 入力メーター: 入力レベルがリアルタイムで表示されます。「Margin」フィールドには、ピーク入力レベルが表示されます。「Margin」フィールドは、クリックしてリセットできます。

  • リダクションメーター: ゲインリダクションの量が表示されます。「Margin」フィールドには、ピーク・リダクション・レベルが表示されます。「Margin」フィールドは、クリックしてリセットできます。

  • 出力メーター: リミッター処理後の信号の出力レベルが表示されます。「Margin」フィールドには、ピーク出力レベルが表示されます。「Margin」フィールドは、クリックしてリセットできます。

  • 「Gain」ノブ/フィールド: 入力調整を行った後のゲインの量を設定します。

  • 「Out Ceiling」ノブ/フィールド: 最大限の出力レベル(上限)を設定します。信号がこの値を超えることはありません。

  • 「Lookahead」ノブ/フィールド: 再生バッファサイズ(ピーク分析のためにファイルをどの程度まで先読みするか)を設定します。「Optimal Lookahead」パラメータも参照してください。最適なバッファサイズよりも低い値は赤色で示されます。

  • 「Remove DC Offset」ボタン: オンにすると、信号から直流(DC)成分を除去するハイパスフィルタが有効になります。低品質のオーディオハードウェアでは、直流成分が発生することがあります。

  • 「True Peak Detection」ボタン: オンにすると、信号のサンプル間ピークが検出されます。

  • 「Optimal Lookahead」フィールド/ボタン: 最適な再生バッファサイズを設定するときは、「Apply」ボタンを使用します。「Lookahead」パラメータに表示される値が変わります。

    注記:「Optimal Lookahead」値は自動的に設定され、直接変更することはできません。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?