MainStage: BPM Counter

BPM Counter

BPM Counterを使うと、入力されるオーディオのテンポをbpm(1分当たりの拍数)で分析できます。検出回路により、入力信号にあるトランジェント(インパルスとも呼ばれます)がすべて探し出されます。トランジェントとは、信号のアタック部分にある、とても速く周期を持たないサウンドイベントです。この衝撃が明瞭であるほど、BPM Counterはテンポを検出しやすくなります。

パーカッシブなドラムやインストゥルメントのリズムパート(ベースラインなど)はテンポ分析に適しています。一方、パッドサウンドはテンポ分析にはあまり適していません。

図。BPM Counterウインドウ

BPM Counterのパラメータ

  • BPM Counter: 入力されるオーディオのテンポをbpm(1分当たりの拍数)で分析できます。数値ディスプレイをクリックするとリセットされます。

    数値ディスプレイに分析プロセスの状態が表示されます。LEDが点滅状態のときは、回路がテンポを測定しています。LEDが点灯したら分析が終了したということで、テンポの測定値が表示されます。測定範囲は80-160bpmです。測定値は小数点第1位まで表示されます。

    注記:BPM Counterは信号中のテンポの変動も検出し、正確な分析を試みます。再生時にLEDが点滅し始めたら、BPM Counterが最後に受信した(または設定した)テンポとずれたテンポ変動を検出したことを表しています。新しくかつ一定のテンポを検出すると、LEDはそのまま点灯し続け、新しいテンポが表示されます。

  • 「: 2」および「x 2」ボタン: 表示するテンポを分析結果のレートの半分または2倍に設定します。

公開日: 2019/09/06
役に立ちましたか?